10年ぶりに映画化された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の最新情報を追いかけるニュースサイト。
エヴァに関わったスタッフの作品、動向などもかいつまんで行ってます。
完結編「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の公開日は2017年以降を予定。





連載 NEON GENESIS EVANGELION 【re】 第6回 ニュータイプ03年7月号

今夜はエヴァ関連のニュースが無いので、恒例のアーカイブをアップ。今回で庵野さんのコラムは終了です。惜しい。

●ニュータイプ03年7月号

【音響スタッフの見た庵野秀明/摩砂雪とは】

NEON GENESIS EVANGELION DVD-BOX半端でなかった庵野監督のこだわり
小川 この中で、庵野さんといちばんつきあいが長いのは野口さんですが、第一印象はいかがでしたか?
野口 なんてうるさいヤツなんだろうと(笑)。通常、新番組が始まるときには、監督さんを交えて効果音の打ち合わせをするんですよ。普通はそれで終わりなんだけど、庵野さんの場合には毎回ダビングが終わった後に居残って絵コンテ片手に1、2時間打ち合わせをする。「こんな感じの音で」と口まねをやったりして、それが「エヴァ」ではだんだん忙しくなってその時間が取れなくなってしまった。そしたら、いろいろ書き込んだコンテが届くようになってね。それを見た僕が電話をして、確認作業をするという手順でした。
小川 つきあいが長くなるにつれ、意図がつかみやすくなったとか?
野口 だんだんね。最初が「ナディア」で、「エヴァ」「カレカノ」と続いたこともあるからね。今回やり直したんだけれども、庵野さんの音へのこだわりは大変なものだと思いますよ。あれだけの人はなかなかいない。
山田 今回は、昔の音を生かしつつのリニューアルだったので、余計に大変なんです。昔の音を気にせずに新たに作るだけなら楽なんだけど、庵野さんは細かいところにまで気づくんですよ。ポーンというしずくの音ひとつとっても、前と違うと言って。調べてみると効果音が違っていたということもありました。
小川 あたりまえなんですが、庵野さんがいちばんすみずみまでわかっていますよね。当時のアフレコのことから、素材のありかまでも。

庵野VS摩砂雪 男の戦い!?
住谷 劇場版はもともと4チャンネルでつくられていたんですが、庵野さんも摩砂雪さんも、後ろのほうで音が動く世界というのを想像されていたんですよ。ただ、当時はハードウェアの問題で実現できなかった。今回は5.1chになるんで、いろいろ音を動かしてもみたんだけど、逆にそんなにやらなくてもいいと言われて肩透かしを食らったこともあった。
小川 劇場版では摩砂雪さんと庵野さんで戦ったこともありましたね。
山田 やっぱり意見が食い違うことはありますよ。
小川 第拾九話や弐拾四話、「DEATH」とかは摩砂雪さんの意見を優先させているみたいです。
住谷 庵野さんの指示は断言しなくて“ちょっと上げて”とかそんな感じなんだけど、摩砂雪さんのは“半フレ”とかで細かいんだよね。
野口 2人の意見が食い違ったとしても、どっちが正しいというわけじゃない。もう好みの世界なので、僕らはどちらでもいけるよ、というしかないんですよ。
小川 ところで、リニューアル版のもうひとつの見どころですが……。
山田 TVシリーズのエンディングですね。もともと10以上のバージョンがあったんですが、今回は26話すべて違います。ぜひオリジナルの音と比べてみてください。


連載コラム●第6回 庵野秀明「変化ということ」
「エヴァ」本編の制作作業が終わり、早5年が経ちました。自分自身もその間に多少変わったように思います。内面部分はさておき、環境は大きく変わりました。実写も撮れる環境になったり、意外にも結婚したこと等等ですが、その中に車の運転を始めたことがあります。免許そのものは浪人時代に修得していたのですが、結婚を機に初めて車を手にしました。友人から安く譲ってもらったものです。いきなりちょい大き目のスポーツカーでした。いや、最初は怖くてたまらなかったです。しばらくして運転に多少慣れてきたころ、ようやく、自動車による道路走行とは、コミュニケーションの場であると、新たに知りました。会社までの往復20キロ弱、時間にして1時間30分くらいの間にも他の車、自転車、歩行者のことで感情の起伏がこんなに起こるとは、ちと驚きでした。自分で運転して初めて、車の数だけいろいろな人間がいるということも体感できました。運転手の顔もわからず、車そのものが人格をもっているかのような妙な感じも実感できました。自分も走行している限り、いろいろな車といやおうなしに出会ってしまう。ホント、疲れる半面、面白い世界は、仕事以外のコミュニケーションが少ない自分には新たな世界の発見でした。少し、世間とのかかわり方が変わりました。これらは自分には意外な変化でした。変化とは、生きている証のひとつだと思います。幸いにして「エヴァ」も本編リニューアルだけでなく、いろいろなメディアで様々な形に変化しています。一度世に出た作品は世界のあちこちで無数の変化と共に生きているんだなあと実感します。自分自身もできるだけ変化していきたいと思います。そして、次回作も。半年間のおつきあい、どうもありがとうございました。またお会いできれば幸いです。ではでは。

kanaduti.jpg

連載イラスト●第6回 鶴巻和哉「かなづち」
子供のころは「かなづち」だったんです。
だもんで泳ぎの得意そうなキャラには嫉妬します。トリトンとかゲッター2とか、もちろん綾波や深キョンにも。
かなづちの有名キャラなんてほとんどいないからなあ……。
あ、草薙素子がいましたね。攻殻を見て泳げないことも哲学になるのだなあと感心しました。
今は泳げますよ。25mくらいですけど。
プラスチックハンマーくらいには……(鶴巻和哉)


ではまた次回の更新をお楽しみに。


NEON GENESIS EVANGELION vol.06 [DVD]
キングレコード (2003-09-26)
おすすめ度の平均: 4.5
5 内容は全然ハレルヤじゃない
4 痛いですね
5 重要なカットが追加されています。
5 やあ…遅かったじゃないか。


5.1ch版リニューアルDVD。

新世紀エヴァンゲリオン画集DIE STERNE〈Ver.2.0〉

角川書店
売り上げランキング: 226924
おすすめ度の平均: 4.0
4 予想より本がでかい

旧エヴァのイラストを網羅の画集。マッキーの連載イラストも勿論掲載。



2010/04/05 01:21 (Mon)
NEON GENESIS EVANGELION 【re】 | Trackbacks0






連載 NEON GENESIS EVANGELION 【re】 第5回 ニュータイプ03年6月号

一日遅れちゃってすみません、恒例のEVANGELION【re】を更新。

●ニュータイプ03年6月号

連載コラム●第5回 庵野秀明「おまけ」
NEON GENESIS EVANGELION DVD-BOXDVD-BOXには映像特典をいくつか付けます。その中に「AR用定尺ラッシュフィルム」があります。初期設定の色付きラッシュではなく、より制作現場の臨場感が伝わるであろう、後期話数の線撮りラッシュを何本か選んであります。実際にアフレコや選曲作業に使ったオリジナルのVHSテープをもとに、そのままの画面を映像特典にしています。セル画による本撮ではなく線撮りといわれる制作途中の未完成画面で、いかに役者、音響スタッフに画面の雰囲気や動きのタイミングを伝えようとしているかを味わっていただければ、と思います。このラッシュフィルムには音声部分には、ME-MIXを付けています。効果音と音楽だけで台詞のないものです。音を消し、自分たちでアフレコを試してみるのも一興かと。
他にも「劇場版#26実写パート」を付けました。特別ラッシュ編集版となります。これは、本編では諸般の理由によりオミットされた実写映像のラッシュを編集したものです。台詞と映像は予告編に流用しましたが、台本に沿った形での編集は今回が初めてとなります。撮影途中でプランを変更したため音声素材が揃っていないので、完成した状態のものにはなりませんが、当時のイメージを極力再現する形で編集をしてあります。新録でより完成形に近づけてはどうか、との意見もありましたが、やはりそれは違う気がします。ライナーノートには実写パートのオリジナル台本も載りますので、当初はこういった気分のものを予定していたということを垣間見ていただければと思います。
6年前の、無機質ではなく生っぽい感触や、イメージではなく存在の具現化に、過剰に必要以上にこだわっていた、その結果の一部を感じ取っていただければ、と思います。御興味のある方は、是非御覧ください。ではでは。

balance.jpg

連載イラスト●第5回 鶴巻和哉「バランス」
「力と技の風車……」じゃないけど、
エヴァにも力のエヴァ初号機/技の弐号機みたいなのがあってもよかったですよね。
昔から好きでよく見ていた女子テニスも最近はパワー一辺倒といった感じでだんだん興味を失いつつあります。
テニスの醍醐味はダベンポート/伊達とか、
(古いですが)ナブラチロワ/クリス・エバートのような力/技のせめぎ合いにあるのではないでしょうか?
最強ウィリアムズ姉妹のようなパワーをいなす技巧派プレイヤー(美人)キボンヌ(鶴巻和哉)


ではまた次回の更新をお楽しみに。

NEON GENESIS EVANGELION vol.05 [DVD]
キングレコード (2003-09-26)
おすすめ度の平均: 5.0
5使徒を…喰ってる!?
5第17話~第20話
5最もカタルシスのあった時期
5 同シリーズ中最高の内容


5.1ch版リニューアルDVD。

新世紀エヴァンゲリオン画集DIE STERNE〈Ver.2.0〉

角川書店
売り上げランキング: 226924
おすすめ度の平均: 4.0
4 予想より本がでかい

旧エヴァのイラストを網羅の画集。マッキーの連載イラストも勿論掲載。



2010/03/25 08:16 (Thu)
NEON GENESIS EVANGELION 【re】 | Trackbacks0






連載 NEON GENESIS EVANGELION 【re】 第四回 ニュータイプ03年5月号

本日はエヴァのニュースが無いのでアーカイブを更新。

●ニュータイプ03年5月号

連載コラム●第4回 庵野秀明「仕事:監督」
今回は、監督という仕事の話です。世間では、自分はすごく作家性が強くてそれだけでつくっている監督だと思われがちですが、実はゆるくもあります。自分イズベスト、みたいな自信があれば“オール俺”という作品をつくるかもしれませんが、いかんせんそれだけの才能がありません。だから、作品をよりおもしろくするためにスタッフといっしょにつくる方法を採っています。自分ひとりでつくると、自分のイメージ以上のものが作品に出てきません。それでは自身にとっても作品にとってもおもしろくありません。自分の作家性とかいうことよりも、作品がおもしろいとか、企画や依頼者の意図に合っているかのほうが重要なのです。
他者のイメージとの融合により、思いがけず、よりおもしろいものに変貌したりもします。もちろんすべてがうまくいくわけではありませんが、それはダメージコントロールで済むのでたいした問題ではありません。自分も作品をおもしろくするためにいるからです。独裁に見える方法論も、作品をおもしろくするためや限られた時間内で効率を上げるための手段でしかありません。
あと、監督唯一の仕事は作品内容のすべてに責任をとる、これだけです。極論すれば、監督は現場にいる必要すらありません。逆に、どこまでも現場に口を出すこともできます。それは、結果責任をとるからです。完成した作品の脚本が悪かろうが、絵や芝居がひどかろうが、すべて監督の責任です。完成までになんとかできなかった、監督の能力不足でしかありません。アニメと実写では、現場環境がまるで違いますが、作品に対する監督の仕事は同じです。そのために映像には、すべからく監督が存在すると、自分ではそう思います。ちと堅い話になりましたが、とりあえず今月はこのへんで。ではでは。

kizuato.jpg

連載イラスト●第4回 鶴巻和哉「傷痕」
最近の子供は怪我をするほど遊ぶことってあるんでしょうか。
僕は比較的「青白さん」な子供でしたが、それでもあちこちに怪我の痕が残ってます。
もちろんいい思い出ではありませんが懐かしさは感じます。
そういえば、やり慣れないアクションゲームやRPGをやると指の皮が盛大に剥けたりしますが、
痕は残ってませんね。
いっそホントに怪我するゲームとかつくったら、
そのゲームは傷痕とともにいつまでも記憶に残るのではないでしょうか(鶴巻和哉)


ではまた次回の更新をお楽しみに。

NEON GENESIS EVANGELION vol.04 [DVD]
キングレコード (2003-08-27)
おすすめ度の平均: 4.0
5 血の雨
5 中盤ですが
5 第13話〜第16話
5 こんなモノに乗ってるの…アタシ達…!?

5.1ch版リニューアルDVD。

新世紀エヴァンゲリオン画集DIE STERNE〈Ver.2.0〉

角川書店
売り上げランキング: 226924
おすすめ度の平均: 4.0
4 予想より本がでかい

旧エヴァのイラストを網羅の画集。マッキーの連載イラストも勿論掲載。



2010/02/22 23:55 (Mon)
NEON GENESIS EVANGELION 【re】 | Trackbacks0






連載 NEON GENESIS EVANGELION 【re】 第参回 ニュータイプ03年4月号

昨日で200万ヒットでした、ありがとうございます!

今日は主だったニュースが無いのでアーカイブ更新。今回は高橋洋子さんのインタビューあり。また、7年前の庵野監督の「新しいエヴァ」への心境などを窺い知ることが出来ます。

●ニュータイプ03年4月号

自分にとっても大きな財産となった「エヴァ」
一度耳にしたら忘れられないほどの印象的な主題歌「残酷な天使のテーゼ」。高橋洋子にとって、「エヴァ」とは、自分に歌うチャンスを与えてくれた最高の作品だったという。
「この曲は母性愛の歌だと思うんです。大きなものの中に包まれて、自分が自分自身であるという自分らしさを感じながら聞いていただけたら、歌った本人としてもいちばんうれしいことだと思いますね」
そんな彼女にとって特に思い出深いのは、劇場版主題歌「魂のルフラン」のレコーディングでの出来事。
「スタジオでもどんどん詞が変わっていくので、譜面に歌詞を書き入れながらのレコーディングでした。その日までにコーラスまでを録音しなければならなかったので、ずいぶん長い時間スタジオにいたという記憶があります。映像をつくる現場のスタッフもすごく大変だったでしょうが、そういう時間のない中でも妥協をしない仕事をしていたことに、非常に感銘を受けました。このような作品に参加できたことが、私にとっての財産になっていると思います」

「残酷な天使のテーゼ/FLY ME TO THE MOON」キングレコード/税込1200円/3月26日発売(※当時)
テレビシリーズのOP&EDをデジタルリマスタリング。さらにそれぞれのカラオケ、OPのDIRECTOR'S EDIT版を加えた全5曲収録のマキシシングル。特にOPは、歌った高橋洋子自身も“名曲”と振り返る伝説の作品。
「この歌の中に、自分が頑張れるものって何だろうということが隠されているかもしれません。ぜひ探してみてください」

残酷な天使のテーゼ/FLY ME TO THE MOON
CLAIRE 高橋洋子 高橋洋子 CLAIRE
キングレコード (2003-03-26)
おすすめ度の平均: 5.0
5 これほどファンタスティックな神曲は聞いた事が無い。
5 すごい。
5 最高の曲だと思います。
4 少年よ、神話になれ


連載コラム●第参回 庵野秀明「アニメと実写」
「エヴァ」が終わってからは、「ラブ&ポップ」「式日」と実写作品も手がけてます。それまではアニメという手段しかなかったけれども、それが2つに増えたという感じです。自分としては、どっちが好きではなく、やりたいと思わないとできませんから。お客さんにはずっと「エヴァ」のような作品をつくってほしいという人もいれば、ずっと実写を続けてほしいという人もいます。実写だから見ないという人もいれば、その逆もあります。好みもまた人それぞれですから。ただ、皆が次に期待しているものは、その人の記憶にある作品なんですね。「エヴァ」がいちばん気持ちよかったという記憶があれば、「エヴァ」ともう一度味わいたいと願います。かつての快楽を反復したいわけです。
でも「エヴァ」の話の続編は無理かなーというのが正直なところです。本当に終わってしまっているし、なにしろ映画のタイトルも「ジ・エンド」ですから。自分では「2」と名の付くものは難しいですね。ただ「シリーズ」ということならあるかもしれません。たとえば「ウルトラマン」「仮面ライダー」などは何度も世界観が途切れていますけど、シリーズとして続いています。「ガンダム」もそうです。だから、そういうシリーズものならできるかもしれない。気分や精神的なものが「エヴァ」に近ければ、話の内容は全然違っていたとしても、自分の時系列では「エヴァ」の続編にあたるものをつくることがあるかもしれない。
ただ、自分には「エヴァ」が自分のものだという意識は全然ないし、また自分ひとりでつくれるものではありません。世間では、とかく「監督」=「作品」と思いがちですが、自分はそうでもないです。監督という仕事についての話は、次回にでも。ではでは。

akubimisaritu.jpg
連載イラスト●第参回 鶴巻和哉「特別な関係」
ミサトとリツコみたいな関係は憧れます。
大学時代の友人というのは少し特殊なんじゃないかと思えるからです。
出身地とかにかかわりなく集まった大勢の中で、一からつくっていく関係ですから。
それで社会人になっても気のおけない関係が続くなんていうのは理想的ですね。
ホントはそんなことないのかもしれませんが……高卒の僕のドリームですよ(鶴巻和哉)


ではまた次回の更新をお楽しみに。

NEON GENESIS EVANGELION vol.03 [DVD]
キングレコード (2003-08-27)
おすすめ度の平均: 4.5
5 私、ニンニクラーメン…チャーシュー抜き。
5 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の予習に、どうぞ!
5 アスカ 最高!!!
5 何でエヴァに乗ってるの?

5.1ch版リニューアルDVD。

新世紀エヴァンゲリオン画集DIE STERNE〈Ver.2.0〉

角川書店
売り上げランキング: 226924
おすすめ度の平均: 4.0
4 予想より本がでかい

旧エヴァのイラストを網羅の画集。マッキーの連載イラストも勿論掲載。



2010/01/18 01:25 (Mon)
NEON GENESIS EVANGELION 【re】 | Trackbacks0






| main | next »