10年ぶりに映画化された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の最新情報を追いかけるニュースサイト。
エヴァに関わったスタッフの作品、動向などもかいつまんで行ってます。
完結編「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の公開日は2017年以降を予定。





3月3日パチンコ店「成増会館」に宮村優子来店

レビューしてるサイトもなく前々から存在が気になってる『新劇場版』オフィシャルヘッドフォンが昨日から33%オフで目を引く。
そして21万ヒットありがとうございますっ!

●3月3日パチンコ店「成増会館」に宮村優子来店
http://blog-imgs-41.fc2.com/e/v/a/evangeliwon/369406653_84.jpg
画像が出たのでこれで確定。何時からになるんだろう。

●REVOLTECH EXPRESS:アスカ来日!NEKO JUMP来日!?
http://bakaneko.way-nifty.com/revoltech/2008/02/neko_jump_6d64.html
定価は2300円と若干高めだけどその分割引率が大きくなってAmazonの1656円はかなり安いと思う。

●GAINAX NET:ヱヴァンゲリヲン新劇場版「G-SHOCK」が2モデルで限定販売!
http://www.gainax.co.jp/anime/eva/news/0157.html
液晶画面にデザインが出るのは凄くいいけどバンド部分にキャラが載ると急にガチャガチャっぽくなって勿体ないなあ。

●河童のクゥとヱヴァがこぞってW受賞に――第七回 東京アニメアワード受賞作品発表
http://ascii.jp/elem/000/000/112/112551/
「こぞって」って何か違うような気がするのはいいとして、河童のクゥもレンタルされたらいつか見ないと。
原監督が36分も本編を泣く泣くカットしたという映像もDVDで形に出せれば良かったのに(3分しか追加されてないらしい)。

●プライズパーク:新世紀エヴァンゲリオンエクストラスウィートウィッチーズフィギュアfeat.Okama
http://www.big-e.ne.jp/prizepark/tab/item/f_eva_okama.html#itemTop
再現度たけえええええ。あみあみだとセット価格なのに結構安い…。
http://item.rakuten.co.jp/amiami/hob-fig-6771/

●ケータイ捜査官7:プロダクションIGが特撮ドラマを初制作 三池監督で4月開始
http://mainichi.jp/enta/mantan/graph/anime/20080227/
IGが実写を。これって前にお伝えした会社が分化した事による動向なのかな。

●「天元突破グレンラガン」お待たせしました!EZアプリBREW(R)版で携帯ゲームがついに登場!
http://www.konami.jp/mobile/appli/gurren.html
EZアプリに対応。

●「板垣伸のいきあたりバッタリ!」第57回 各話演出のお話(4)
http://www.style.fm/as/05_column/itagaki57.shtml
大地監督に板垣さんを紹介する平松さん。大地監督は演出やスタンスを紹介するブログも勉強になって面白いです。


掲示板の方、私より先に答えて下さってありがとうございます。
おっしゃるとおりで平松さんが「長いこと準備してる新作」は『ゴースト・ラプソディ』で、09年公開をメドに製作中だとか。スタッフはまだ「言えない」そうですが、平松さんのブログによるとアニメ畑以外からも引き抜きがあって面白いことになるそうですよ。

それと西洋骨董洋菓子店アニメ化にはビックリした。橘の過去については重くなりすぎないように上手く捌いて欲しいと切に願う。

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/29 08:53 (Fri)
エヴァ | Trackbacks0






DSぷちえう゛ぁ ムービーページを更新

成増会館という東京のパチンコ店で3月3日にみやむーが来るとの情報があるけどまだHPに載ってないので確定ではなし。

●DSぷちえう゛ぁ ムービーページを更新
http://www.b.bngi-channel.jp/petit_eva/news.html
そういえば発売まで一ヶ月切った。

●アニメーション・オブザイヤーに映画版「ヱヴァ」
http://www.chosunonline.com/article/20080227000044
日本のサイトだけでなくエンタメコリアでも掲載。

●ヱヴァンゲリヲン新劇場版ウェハース scene2
http://www.mile-stone.jp/goods/2008/02/529916.html
画像はまだ無いけど発売は決定。

●ぷちえう゛ぁ クリアファイルA(赤) 4月発売
http://item.rakuten.co.jp/amiami/cgd-0573/
●ぷちえう゛ぁ メモ帳A(赤) 4月発売
http://item.rakuten.co.jp/amiami/cgd-0571/
それぞれ2バージョンずつあり。

●限定品注文受付中!!
http://blog.livedoor.jp/wavecorp1/archives/51157969.html
CODE:BEnano!は数がかなり少なくなってるそうです。

●GAINAX NET:「天元突破グレンラガン」DVD Vol.8本日発売!
http://www.gainax.co.jp/anime/gurren-lagann/news/0120.html
●グレンラガンDVD8巻 ヨーコ&ヨマコ先生のおっきいおっぱいポスター
http://www.akibaos.com/?p=3048
●グレンラガン DVD8巻発売 「さすがヨーコ!いい乳だ!」
http://www.akibablog.net/archives/2008/02/yoko-080227.html
吉成BOXがでかいのでそれだけでもファンには嬉しい。
天元突破グレンラガン 8 吉成曜描き下ろしDVD-BOX第2弾、キャスト・スタッフWコメンタリー付

●岩崎琢のグレンラガンBGM解説 第4回
http://www.gurren-lagann.net/spe/iwasaki04.html
なんかどんどん文が短くなってますが。

●「音泉突破グレンラガンラジオ」のラジオCD 第3弾!
http://www.onsen.ag/blog/?p=608
このイラストは今までどおり平松さんかな?

●ついに休刊、「月刊電撃コミックガオ!」THEファイナル、怒濤の最終回ラッシュを楽しむ
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080227_gao_final/
「グレンラガン」は電撃大王に移籍という事で良かった。

●海洋堂・リボルテック・オーガニックブースの様子 【WF2008冬レポ】
http://www.moeyo.com/2008/02/post_4657.html
「ラゼンガン」と「フルドリライズグレンラガン」は両方とも1995円と安い。

●福井裕佳梨ファーストアルバム 「私が実る木の下で」発売記念イベント!
http://www.animate.co.jp/animate/event/event0315.html
当日シングルも購入したファンには2ショット写真。こういう商売見た後だとずいぶん良心的に見える…。


twitterでも書いたけどブログ村の「グレンラガン」コミュにうちのトラバ全部消去されてうち涙目\(^o^)/
グレン関係のニュース毎日更新してるのになあ…(時にはエヴァより多く) まあいいけど。

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/28 10:40 (Thu)
エヴァ | Trackbacks0






特装版の「CGメイキング」は「作画メイキング」にグレードアップ

●特装版の「CGメイキング」は「作画メイキング」にグレードアップ
http://eva.b-ch.com/blog/nerv/archives/82
作画映像きたーーー。宇多田PVが収録できなくなった事へのスタッフの誠意を見た!
特典映像のタイトルは「Rebuild of EVANGELION:1.01」。新劇場版制作が決定した時の「rebuild」はここで使うんですね。
DVD ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版BOX2枚組 劇場上映生フィルムつき

●序破急:「Hobby JAPAN」4月号に庵野秀明・真鍋正一の対談が掲載
http://johakyu.net/archives/2008/02/2008-02-26-000803.php
面目上エヴァ以外での露出を増やしつつDVD発売も意識させていく庵野監督うまい。
この辺が新劇場版になってから変わったと言われるカントクの「プロデューサー的な面」なのかも。

●少年エース5月号は貞本イラストペンケースが付録
http://item.rakuten.co.jp/amiami/bok-1374/
描きおろしでは流石にないかな。

●エヴァンゲリオン新劇場版:序 指輪 A(NERV) 4月発売
http://item.rakuten.co.jp/amiami/cgd-0575/
●エヴァンゲリオン新劇場版:序 指輪 B(SEELE) 4月発売
http://item.rakuten.co.jp/amiami/cgd-0576/
ウテナの薔薇の刻印も再販してほしいな。

●グレン団活動報告:WFガレージキットあれこれ
http://gainax.weblogs.jp/gurrenlagann/2008/02/wf-0a74.html
どのガレキもグレード高い!最後に載ってるヨーコの顔が山口智さんぽくてかわいい。

●ワンダーフェスティバル2008[冬] 天元突破グレンラガン
http://www.akibaos.com/?p=3043
原画や脚本もチラリと見れます。

●グレンラガンフィギュア@WF2008冬 ほとんど「ヨーコ」
http://www.akibablog.net/archives/2008/02/wf2008w-gurren-lagann-080226.html
ヨーコジャケットのDVD8巻も今日発売。ジャケ裏はスペースルックでした。

●完全ワイヤレス化した眼鏡型ディスプレイ オリンパスが開発
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/25/news075.html
さらに電脳コイル化が進む技術。あとはインプット系がどうなるか。

●10周年をデビューの地秋葉原でファンと!「榎本温子デビュー10周年記念トークショー~ただいま秋葉原!~」イベントレポート
http://www.animecenter.jp/jp/200802/25221512.php
カレカノはデビュー作にしてはモノローグがめちゃくちゃ多いから鍛えられただろうなあ。

●荒木先生描き下ろしイラスト入り「マイバッグ」! 仙台市マイバッグ運動にて(3月下旬から)
http://atmarkjojo.org/archives/2008/2008-02-27-001597.html
宮城県S市と言えば確かにこの方ですが。欲しい。

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/27 02:46 (Wed)
エヴァ | Trackbacks0






「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」、アニメーション オブ ザ イヤー受賞!!

●GAINAX NET:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」、アニメーション オブ ザ イヤー受賞!!
http://www.gainax.co.jp/anime/eva/news/0158.html
●アニメーション オブ ザ イヤーに『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
http://animeanime.jp/biz/archives/2008/02/post_306.html
●TAF2008 アニメアワード受賞作品発表!大賞はヱヴァ新劇場版!!
http://www.tokyoanime.jp/blog/2008/02/25/133
加えて、個人賞部門で庵野総監督が監督賞を受賞。めでたい。
他にもテレビ部門では電脳コイルとグレンラガンが、OVA部門では茄子2が受賞とそれぞれちゃんと評価されたようです。

●序破急:国家の風景と現在 大島渚×庵野秀明
http://johakyu.net/lib/2008/02/2008-02-24-000797.php
庵野監督はよく作品作りの土台に「共通体験」を話に挙げるけど、そこに監督のエンターテイメントの演出姿勢が見える気がする。

●めくればいいと思うよ――iモード向け『エヴァ神経衰弱!』配信
http://dol.dengeki.com/data/news/2008/2/25/c208ff6ef8f8387ee2eed5e9eb58d189.html
●ミサトさんと対戦しましょ! 『エヴァ神経衰弱!』が配信
http://www.famitsu.com/k_tai/news/1213830_1350.html
軽い脳トレ感覚。

●EVASTORE:魂SPEC エヴァンゲリオン零号機改
http://www.evastore.jp/index.cgi?rm=detail&id=1857
画像アップはまだ。

●スカイ・クロラ8月2日公開決定!
http://sky.crawlers.jp/index.html
公式サイト、重めです。本田さん早く戻ってきてー。

●ワンダーフェスティバル2008冬 121人のコスプレ
http://www.akibablog.net/archives/2008/02/wf2008w-cosplay-080225.html
エヴァのコスプレしてる人いないと思ってたので綾波がいて良かった。

●GAINAX NET:第7回東京アニメアワードにて「天元突破グレンラガン」優秀賞、個人賞でW受賞!
http://www.gainax.co.jp/anime/gurren-lagann/news/0119.html
●天元突破グレンラガン:第7回東京アニメアワードにて「天元突破グレンラガン」優秀賞、個人賞でW受賞!
http://www.gurren-lagann.net/news/main.html#080225
個人賞ではキャラデザの錦織さんが受賞。庵野監督と同時にめでたいです。

●グレン団活動報告:WFトークショーとコスプレ撮影会
http://gainax.weblogs.jp/gurrenlagann/2008/02/wf-1b45.html
写真館待ってました。ブースが盛り上がったようで良かったなー。
リボルテックや原画集は早朝並び組でもゲットできなかったという話を聞きました。

●グレンラガントークイベントまとめ
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anime2/1203494336/960
本スレから拾い。レポートありがたい。

●GAINAX PRODUCTS:天元突破グレンラガン コミックアンソロジーVOL.2
http://www.gainax.co.jp/anime/gurren-lagann/goods/0090.html
アンソロ読んだことないけどどのカップリングが人気あるのかとか素で考えてしまう…。
天元突破グレンラガン コミックアンソロジー VOL.2 (IDコミックス DNAメディアコミックス)

●1stアルバムは“パルプンテの箱”!?福井裕佳梨1stアルバム『私が実る木の下で』発売直前インタビュー
http://mantora.com/news/?tid=419
明日発売。「失せろ!涙」は聴いてみたい。同タイトルのDVDも来月出るんですね。
福井裕佳梨/私が実る木の下で

●あのバーディーが、ついにテレビで跳ぶ! 闘う!『鉄腕バーディー』2008年放送開始!!
http://anime.goo.ne.jp/contents/news/NAN20080222_81/
りょーちもさんキャラデザ。「破」には参加できないかなー。


今日からツイッター始めてみました。
「更新まだかよ!眠りたいのに眠れねえよ!」というお客さんを思うと申し訳ないので、更新作業に入ったタイミングで必ず書き込むんでそれが少しでも目安になればと思い。後はテキトーに更新します。無理に見る必要性とかは全然ないです。

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/26 02:55 (Tue)
エヴァ | Trackbacks0






フロイライン綾波に包帯バージョン発売?

●フロイライン綾波に包帯バージョン発売?
http://akibahobby-b.sakura.ne.jp/image/20080224/w022.html
腕と頭だけ差し替えなら、制服バージョンが出るときに追加パーツとしてつけて欲しいけどどうなるかな。

●インタビュー アスカ役・宮村優子が語る“私のアスカ” 
http://evangeliwon.blog107.fc2.com/blog-entry-309.html
本スレで要望があったようなのでちょうど打ち終わってたし応えてみました。
あんまりやりすぎるとストックがマジで無くなるのでそんなやらないと思いますけど…!

●セブンアンドワイでヱヴァンゲリヲン「破」「急」の取り扱い開始
http://www.7andy.jp/dvd/detail?accd=R0326694
http://www.7andy.jp/dvd/detail?accd=R0326695
フライングしすぎだろ常識的に考えて…。
セブンアンドワイは2回注文して2回とも対応が悪かったのでいい印象がないです。

●岡田斗司夫の「遺言」第三章レポート 1・2・3
http://blog.livedoor.jp/macgyer/archives/51249774.html
http://blog.livedoor.jp/macgyer/archives/51252456.html
http://blog.livedoor.jp/macgyer/archives/51255556.html
「逆襲のシャア」製作時にメカデザを頼まれ、ファーストガンダム殆どそのままのデザインを送る庵野&それに泣いて怒る富野。
庵野監督の意図がわかるようなわからんような、ですがどちらの御仁にも萌える。

●魂SPEC エヴァンゲリオン弐号機の画像アップ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0010CHF6E/
武器が豊富でかっちょいい! これをワンフェスで展示して欲しかったなー。

●北斗の拳の「ひでぶ」フィギュアなどリボルテック新作あれこれ
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080224_revoltech/
●コトブキヤブース in ワンダーフェスティバル2008[冬]
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080224_kotobukiya/
●攻殻機動隊SACのタチコマとかいろいろ in ウェーブブース
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080224_hobby_wave/
ワンフェスレポート、まずはGIGAZINE系。
エヴァのリボルテック・コトブキヤフィギュア・使徒nanoなど各ページの下のほうに。
グレンラガンのフィギュアの新作も見られます。第3話の合体(失敗)を再現してるの凄い。

●企業ブース フォトレポート≪海洋堂/オーガニック≫
http://www.ota-suke.jp/event/review/11294
●企業ブース フォトレポート≪コトブキヤ≫
http://www.ota-suke.jp/event/review/11304
今度はおた☆スケ版レポート。

●グレン団活動報告:大盛況でした!
http://gainax.weblogs.jp/gurrenlagann/2008/02/post-fa47.html
めちゃくちゃ盛り上がったみたいですね。ブースでのレポートがまだ少ないので後日詳しく聞いてみたい。
あと本スレによると、3月29・30日に重大発表があるらしいです(28・29日という報告もあってどちらになるかは不明)。OVAで2話ずつくらい新作が見たいなあ。

●ワンフェスレポート:天元突破グレンラガン(コスプレ&コンパニオン)
http://www.ota-suke.jp/event/review/11310
ヨーコがちょい多め?色んなキャラをアップで見てみたかった。

●フィギュメイトグレンラガン・天元可動グラパール開発中
http://p.pita.st/?gv6cqost
http://p.pita.st/?globcmm2
http://nov.2chan.net/y/src/1203828244128.jpg
本スレから拾いあげ。流れちゃったら消えちゃいますが。
黒の兄弟にアディーネ様と、ツボを押さえたラインナップ。

●天元突破グレンラガン ラガンリストバンド/RED 4月発売
http://item.rakuten.co.jp/amiami/cos-2514/
ああ~お子様につけて喜んでもらいたい。

●しょこたん、テレビ番組で不適切発言 ブログなどで謝罪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080224-00000917-san-ent
ていうか何故しょこたんがイージス戦についてコメントを振られるかわからない。
事務所は仕事のチョイスが貪欲すぎるのでもっと選んだ方がいいと思う。

●日本の劇場アニメ 米国の短期集中公開で厳しい結果
http://animeanime.jp/biz/archives/2008/02/post_305.html
興行収入は「ワンピースアラバスタ編」が71万円、「ベクシル」が35万円。厳しいっていうか…。

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/25 03:15 (Mon)
エヴァ | Trackbacks0






アスカ役・宮村優子が語る“私のアスカ” 月刊ニュータイプ97年7月号

(通称「春」のREBIRTHが公開され、EOEのアフレコへ向かう直前でのインタビュー。)


アスカの復活、うれしかったですね。途切れたままの私の中のアスカも、ようやくつながった感じ。劇場版のアフレコは一日で録ったんですけど、DEATH編ではアスカの心の傷を振り返って、REBIRTH編では復活するぞというワクワクした気分になって、ずいぶん感情の上下が激しい一日になりました(笑)。

でも、あのアスカの復活も、たぶん根本的な心の解決にはならないと思いますね。お母さんのことでは一歩前進したけど、最終的に彼女に必要なのは、「いまのままのあなたでいいんだよ」と認めてくれる人なんじゃないかな。

本当は、彼女を受け入れてくれる人、周りに絶対いると思うんですよ。ヒカリとかもそうだけど、あれだけみんな、生死の境でいっしょに生きてるんだから……。でも、受け入れてくれる「はず」の人でも、アスカの心に壁があるからできないんだと思う。

だからもし私がアスカにひと言アドバイスをするなら、「あんたバカ!?」(笑)。もうちょっといいかげんでもいいのに、人に頼ってみてもいいのにって思います。14歳で大学を出て、頭脳明晰で容姿端麗、お母さんやお父さんのことで独りでやらなきゃとがんばっていて。すごいなーとは思うけど、見ててつらいです。

アスカは完璧主義だから難しいけど、落ち込んだときはやっぱり人の力を借りるのがいいんじゃないかな。人に頼ってみるのも、人と自分との距離や、周りとの関係性がわかって自分を振り返ることができると思うし。アスカにはぜひ心の“ATフィールド”を取ってほしいですね。

夏の完結編ではアスカ、幸せになってくれればいいですねぇ。監督はどうつくってくれるんでしょうか。あれだけ前半盛り上げちゃったら、後半、心配じゃないですか(笑)。いつも強気で出てきて負けてくアスカ。宿命なのかな……と思いつつも、やっぱり救われてほしいんです。

今までアスカを演じていて、いろんなことがあったなと思います。アスカが落ち込んだときには、私もシンクロ率400%でいっしょにプライベートまで落ち込んで……。家に帰っても何にもできなくて、自分も嫌だし周りも嫌、どうやって解決すればいいかわからない、というとこまでいっちゃったし。でもアスカといっしょに落ち込んで、私は私の、アスカではない立ち直り方をして、そのときに得たものは大きかったですね。この間、CDドラマで人間の皮を剥がされる役をやったんですけど、できるだけ皮を剥がされる気持ちにならなきゃ“もったいない”って思いました。カミソリを立てて、ツーって血が流れる感じなのかな、とか考えて。役の気持ちをよりリアルに感じたい、感じなきゃもったいないと思いますね。

アスカをやらせていただいたのは役者としてすごく幸運でした。「エヴァ」にかかわっていたスタッフや役者さんは才能豊かな方ばかりで。アニメの演出の仕方とか、心情の見せ方とか、毎回必ず新しい発見があって、とても勉強になりました。

これからは舞台にも挑戦していきたいと思ってます。この前、洋画の声優の方の舞台を見たんですが、「洋もの」の芝居なのに、外国ふうのおしゃれな会話がとてもうまくて、日本人が演っているという違和感が全然なかったんです。声優には声優にしかできない芝居があるんだなと思いました。声優の仕事で、演技も人生もたくさん学んだ気がしますね。


記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/25 01:58 (Mon)
インタビュー&アーカイブス | Trackbacks0






宮村優子がパチンコ店でのサイン会と写真撮影会に出演するらしい

●宮村優子がパチンコ店でのサイン会と写真撮影会に出演するらしい
http://blog.livedoor.jp/blur66430/archives/50716794.html
2日連続で仙台に。みやむー頑張ってるなあ。

●EVASTORE:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」 パンフレット
http://www.evastore.jp/index.cgi?rm=detail&id=1856
25万部も売れたのか…! 8人に1人が買ってる計算ですね。

●磯光雄監督フル3コマ作画の秘密が(ちょっと)判明
http://maruura.exblog.jp/6822737/
オトナファミに掲載されてるインタビュー。
早い話が原画をパラパラ漫画のように全部自分で描いてたって事、灯台下暗し。
オトナファミ 2008年 3/28号 [雑誌]

●グレン団活動報告:いよいよ明日です!
http://gainax.weblogs.jp/gurrenlagann/2008/02/post-52e1.html
グレンラガンブースとガイナックスブースは場所が違ってそれぞれ販売するものも違うので注意。

●リボルテックラゼンガン 画像で判明
http://nov.2chan.net/y/src/1203773741970.jpg
拾いモノですが。これでラインナップに乗るのは確実。

●電撃ホビーマガジン4月号には「川口名人と目指すガンプラマイスター」DVD付き
http://hobby.dengeki.com/hobby/index.html
自分は塗装とか全然わからないので動画で教えてくれるのは嬉しい。買おうかな。
電撃 HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2008年 04月号 [雑誌]

雑文。
ネットで有名な人たちがオフ会を開いた時の模様をたまたまどこかで読んだんだけど、誰かがネタを披露している時には、参加者はそれぞれDSでピクトチャットを開いてニコ動のようにリアルタイムでツッコミを入れていた、らしい。
せっかくのオフ会で顔をそれぞれ合わせているのに、DSを通じて間接的にコミュニケーションをするその絵づらが想像するとなんとも奇妙で、それがいいかわるいかは別にして近くて遠いネット交遊の関係を象徴するようで面白い光景だなあと思った。オフ会とかやった事ないなー。

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/24 06:08 (Sun)
エヴァ | Trackbacks0






REVOLTECH EXPRESS:ワンフェスで会いましょう

●REVOLTECH EXPRESS:ワンフェスで会いましょう
http://bakaneko.way-nifty.com/revoltech/2008/02/post_3cc4.html#more
そういえばフロイラインアスカの発売も、もう来週ですか。

●すごすぎ! ヤマトDVDのこだわり特典
http://excite.co.jp/News/bit/00091203609394.html
庵野監督が持ち込んだプラモ、全長40cmもあるんですな。特典にしてはかなりのボリュームに。
ビバップのBOXと同じで昨日が発売日。
宇宙戦艦ヤマト TV DVD-BOX( 初回限定生産)

●ととにゃん美術部Blog:富士演習場
http://ameblo.jp/totonyansuper/entry-10073831129.html
ヱヴァの美術監督をされている加藤浩さんが自衛隊見学。もしかして「破」の取材?

●アニメイト町田店が移転-店舗面積2倍で品ぞろえ強化へ
http://machida.keizai.biz/headline/118/
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」限定図書カードの販売が。絵柄はオリジナル?

●GAINAX NET:トップ絵更新
http://www.gainax.co.jp/top.html
最近カヲル君率が高い気がする。

●今こそ語ろう『天元突破グレンラガン』制作秘話!! 第21話 あなたは生き残るべき人だ
http://www.style.fm/as/13_special/mini_080222a.shtml
ヨマコ先生のエピソードは寄り道的で個人的に好き。
ヴィラルが急に仲間になるのはおかしいと思ったけど、スタッフ内でも違和感はあったんですね。

●撮影虎之穴更新!:第十八回:#18「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」C-152
http://www.gainax.co.jp/anime/gurren-lagann/tora.html
サンジゲンさんの3Dだけで既に充分素晴らしい。

●GAINAX SHOP BLOG:サイン本!!!>ワンフェスでGET!
http://gainax.weblogs.jp/staff/2008/02/post-845e.html
今石監督の原画集だけでなく、「ヨーコ写真集」に錦織さんのサインがついて販売。ワンフェスいいなあ。

●GAINAX NET:ワンダーフェスティバル'08冬 一部商品発売中止のお知らせ
http://www.gainax.co.jp/anime/gurren-lagann/news/0118.html
ありゃ、こちらは残念なニュース。シモン・ヨーコ・カミナのセット販売が中止。

●代々木アニメーション学院アキバ校WEBPAGE:すしおさんがやって来る!
http://akibatan.net/page/2008/02/post_585.php
なんとすしおさんが直接修正を入れてくれる&特別プレゼントがあるとの事。なんというすしお…。


毎日チェックしてますが、なかなかAmazonで全記録全集&原画集の予約が始まりませんね。

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/23 03:40 (Sat)
エヴァ | Trackbacks0






ミュージックステーションに宇多田ヒカル出演

ちなみに深夜の音楽戦士、明日のCDTVにも出演します。そちらは事前告知しませんのであしからず。



2008/02/22 18:58 (Fri)
エヴァ | Trackbacks0






DS「ぷちえう゛ぁ」オフィシャルサイトオープン

●DS「ぷちえう゛ぁ」オフィシャルサイトオープン
http://www.b.bngi-channel.jp/petit_eva/
サイトを覗けばゲームの擬似体験をしているかのようなデザイン。

●株式会社アイアップ ワンフェス出展情報
http://www.eyeup.co.jp/wf/
カミナ、ダリー、ブータなどが初披露。う~ん子供には買えない値段。

●REVOLTECH EXPRESS:ワンフェス発表の最新作をチラ見せ
http://bakaneko.way-nifty.com/revoltech/2008/02/post_6f5f.html
ラゼンガンっぽいのが見えます。エンキより先にそっちか…。

●meg rock 待望の1stフルアルバム発売決定!
http://blog.excite.co.jp/exanime/7318433/
「空色デイズ」や「happily ever after」の作詞をされた方ですね。

●「板垣伸のいきあたりバッタリ!」第56回 やっぱり各話演出のお話(3)
http://www.style.fm/as/05_column/itagaki56.shtml
「まほろまてぃっく」の製作裏話や演出スタンスなど。

●DVD電脳コイル 第9巻のジャケットアップ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0013HKVFS/
なんという百合ジャケ…! 待望のロマンアルバムの取り扱いも今日から始まったようです。

●バンダイ ガンプラ値上げのお知らせ
http://d.hatena.ne.jp/type97/20080220
10~20%も上がるなんてショック大きい…。
MGシリーズは見えない部分の内部構造とか凝らなくていいので安くして下さい…

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/22 02:25 (Fri)
エヴァ | Trackbacks0






「オトナファミ」に庵野監督への取材記事

●「オトナファミ」に庵野監督への取材記事
http://www.famitsu.com/blog/otona/2008/02/post_270.html
先週のプレイボーイと同じでヤマトのプロデューサーである西崎義展氏との対談。

●GAINAX SHOP BLOG:早耳情報・・・サービス、サービスゥ!
http://gainax.weblogs.jp/staff/2008/02/post-e325.html
「エヴァストアオリジナルグッズ」の写真をチラリと公開。ありそうでなかったミサトの十字架かな。

●宇多田ヒカル5thアルバムはヒット作満載の13曲
http://natalie.mu/news/show/id/5617
Beautiful World収録。宇多田はいつもアルバムの完成度が高いので楽しみ(敬称略)。
宇多田ヒカル/HEART STATION

●氷川竜介ブログ:超時空要塞マクロス メモリアルボックス
http://hikawa.cocolog-nifty.com/data/2008/02/post_0643.html
庵野監督の原画メジャーデビュー作。16mmフィルムから35mmに録りなおされてリマスターされてるとか。

●岩崎琢のグレンラガンBGM解説 第3回更新!
http://www.gurren-lagann.net/spe/iwasaki03.html
グレンラガンはWEBの連載モノが多くて作品のプロモーションがうまい印象。

●グレン団活動報告:こちらもサイン入りであります。
http://gainax.weblogs.jp/gurrenlagann/2008/02/post-4336.html
今石監督、結構な量を書いてます。

●iモード『グレンラガン』第3部配信! 「この世界の謎」とは?
http://dol.dengeki.com/data/news/2008/2/20/728e1747ebf5ca885491f69006074e46.html
●螺旋王の残したものとは… FOMA『天元突破グレンラガン 第3部』配信
http://www.gpara.com/article/cms_show.php?c_id=6586&c_num=14
なんとなく簡易スパロボっぽい。スパロボはFまで好きでした。

●コトブキヤの「グレンラガン」が可動ギミックを追加して登場!
http://dol.dengeki.com/data/news/2008/2/20/a5ab6a24dacde7f1090b98ad632e98b6.html
高さ12cmはちょっと低いかしら?

●バンダイビジュアル、DVD「電脳コイル」第7巻、8巻の画像をアップ
http://product.bandaivisual.co.jp/web_service/shop_product_info.asp?item_no=BCBA-3043
http://product.bandaivisual.co.jp/web_service/shop_product_info.asp?item_no=BCBA-3044
8巻のジャケいいなあ。

●「月刊コミックフラッパー」通巻100号を達成!
http://www.toranoana.jp/shop/080131_flapper/
6月号には「フラッパーの表紙を飾ったOKAMAの美麗イラストを多数収録!」の【OKAMA画集】が付いてくるとの事。


ニコニコのイベントのウルトラマンの動画で爆笑してしまった。 <追記>仮面ライダーもあるのか…。

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/21 02:56 (Thu)
エヴァ | Trackbacks0






「ぷちえう゛ぁ」インタビュー:“芝村ゲーム”らしくないが“芝村テイスト”満載のゲーム

●「ぷちえう゛ぁ」インタビュー:“芝村ゲーム”らしくないが“芝村テイスト”満載のゲーム
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0802/19/news007.html
かなり長いインタビュー。3月20日発売なのでちょうど一ヵ月後。

●カヲル君、綾波も登場!DS『ぷちえう゛ぁ』
http://japan.techinsight.jp/2008/02/kanbayashi200802191210.html
●モバイルニュータイプで人気急上昇中!「ぷちえう゛ぁ」待ち受け画面、好評配信中!!
http://pc.webnt.jp/hotnews/news793.html
JA子とかゼルエルもちゃんと出てくれるのかな。

●ウェーブ「使徒XXnano! CODE:BE nano!」サンプルレビュー
http://www.moeyo.com/2008/02/post_4609.html
コメントでも触れられてるけどカラーバリエーションものにしては結構凝ってるところがいい。

●エヴァンゲリオン新劇場版:序 ロザリオ風ペンダント 4月発売
http://item.rakuten.co.jp/amiami/cgd-0450/
●エヴァンゲリオン新劇場版:序 図書カード(500円分) 4月発売
http://item.rakuten.co.jp/amiami/cgd-0451/
図書カードは鈴木俊二さん画かな。

●27日発売 グレンラガンとSchool Day どちらも「いい乳」
http://www.akibablog.net/archives/2008/02/0227-oppai-080219.html
言葉と世界が一緒にお風呂入っているシチュエーションが想像できない。

●GAINAX NET:小説「天元突破グレンラガン」第三巻本日発売!
http://www.gainax.co.jp/anime/gurren-lagann/news/0117.html
●小説版「天元突破グレンラガン」3巻他 2月4週発売の主なラノベ(ガガガ/GA)
http://akiba.kakaku.com/hobby/0802/19/204500.php
中島かずきさんが直々に執筆している第三巻は、本スレの反応を見ても評判が上々のようです。
天元突破グレンラガン 3 (3) (ガガガ文庫 な 3-1)

●吉成曜描き下ろしDVD-BOX付き!『天元突破グレンラガン』DVD第8巻2月27日発売
http://www.zakzak.co.jp/anime/news/0802/080211-u-gren.html
Wコメンタリー・サンジゲンCG・吉成BOXと特典だらけ。

●ワンフェス08冬 COSPAアパレルグッズ情報!夢のコラボTシャツ完成!
http://www.akibaos.com/?p=3004
●【WF08冬】気になるあの娘にPOLOシステムを?コスパブース情報第二弾
http://hobby-channel.net/content/view/4174/64/
Tシャツ一枚だけ着てるのを写真で見るとツラいものが…なんでも合わせ次第ですな。

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/20 02:50 (Wed)
エヴァ | Trackbacks0






今夜24時より田中公平さんが出演

0:00からBS2「アニメギガ」で田中公平特集。「トップ」「トップ2」や、「Gガンダム」「キングゲイナー」の人。



2008/02/19 21:13 (Tue)
エヴァ | Trackbacks0






破の作画監督予定・本田雄が「ポニョ」に原画IN?

●破の作画監督予定・本田雄が「ポニョ」に原画IN?
http://www.ghibli.jp/15diary/004561.html
「外注原画の○田さん」という事で名前は隠れてますが、「ゲド」と「ポータブル空港」の両方をやっている○田さんは一人しか…。
「破」の原画がそれ程あがってなくて作監作業に入れないから、なのかもしれないですね。

●カヲル君も出るよ! DS『ぷちえう゛ぁ』最新ミニゲームも判明!
http://www.gpara.com/comingsoon/petit_eva/080218/
ミニゲームがハイスコアが残ったり、何度でも楽しめるものだといいな。

●アニメイトTV:新劇場版グッズ4月リリース情報更新
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 時計/CDサイズ
http://shop.frontierworks.jp/detail.asp?merchcd=MOVIC-2133
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 リールキーホルダー
http://shop.frontierworks.jp/detail.asp?merchcd=MOVIC-2131
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 ビアジョッキ
http://shop.frontierworks.jp/detail.asp?merchcd=MOVIC-2132
4月はDVD出るので楽しみですね。

●REVOLTECH EXPRESS:ワンフェスまで秒読み
http://bakaneko.way-nifty.com/revoltech/2008/02/post_5126.html
生足になってるアスカがエロい。こんな遊び方できるのか。

●ワンダーフェスティバルにて主演キャストによるイベント開催決定!&新アイテム情報!
http://www.gurren-lagann.net/news/main.html#080218
オリジナル図書カードは今回だけのために作られたそうで。

●グレン団活動報告:ご本人のサイン入り?
http://gainax.weblogs.jp/gurrenlagann/2008/02/post-7c9e.html
ヨーコの中の人のサインが入った写真集を柿原くんにプレゼント!…って読者用じゃないんですな。


市川崑監督の「ビルマの竪琴」をDVDで借りて見ました(三國連太郎の方)。
いやあ、軒並みな言葉ですが凄く面白かったです。
(訂正 ×軒並み→○月並み あほ過ぎる…)

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/19 11:58 (Tue)
エヴァ | Trackbacks0






今夜8時から宇多田ヒカル出演

フジ系「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」にてゲスト出演。曲はおそらく「HEART STATION」。



2008/02/18 18:55 (Mon)
エヴァ | Trackbacks0






使徒XXnano! CODE:BE nano!『WF2008冬限定』サンプルレビュー

●使徒XXnano! CODE:BE nano!『WF2008冬限定』サンプルレビュー
http://akibahobby.net/2008/02/wf2008f_wavenano_sample.html
最後の並んでる写真を見ると単体よりえらく可愛く見えます。現実と同じで女子は集団になるとオーラが強いのか。

●エヴァンゲリオン通信 ニュータイプ96年
http://evangeliwon.blog107.fc2.com/blog-entry-298.html
20万ヒットありがたし、という気持ちで打ち込みました。少しでも楽しんでいただければ幸いです。

●エヴァンゲリオン新劇場版ウエハース SPカードイラスト公開
http://toku.xdisc.net/cgi/up/vcc/nm1193.jpg
貞本絵が今回は1枚、本田絵が2枚、綾波&シンジは誰の絵かな?

●DS版ぷちえう゛ぁ、ジャケットイラスト公開
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0011NJQWS/
濱元さんの可愛いイラストが。
レイが3人同時に存在するのがぷちえう゛ぁの思い切ったところだなあ。

●開発陣に質問状:「プリンセスメーカー5」 エヴァやグレンラガンの服で大激論に
http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20080216mog00m200017000c.html
赤井孝美さんから直々にコメント。社内作品だけにこだわりがあったようで。
プリンセスメーカー5(通常版)

●俗・さよなら絶望先生」第7話が、フリーダムなのに原作準拠なのがすごい
http://d.hatena.ne.jp/makaronisan/20080217/1203187208
記事内では書かれていませんが、ガイナの錦織さん、柴田さん、中村さん、山口さん、雨宮さん、長谷川さんなどグレンのメインスタッフが原画参加されてたそうです。エンドカードでは大御所の湖川さんが起用されたらしいし、見とけば良かったなあ。

●東芝が「HD DVD」方式から撤退で最終調整、規格争いは収束へ
http://ascii.jp/elem/000/000/108/108758/
方々で既に話題になってますが今後はブルーレイ一本化の方向でいくのかな。テレビがどデカくなければDVDでも充分だと思うけど。

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/18 03:39 (Mon)
エヴァ | Trackbacks0






エヴァンゲリオン通信 ニュータイプ96年 各号より抜粋

10年以上前の記事「エヴァンゲリオン通信 E・コミッション」から、当時の人気投票や映画が二部構成に決まった時の庵野総監督のコメントなど、内容は様々。リアルタイムで体験した方は懐かしんでもらったり、新たにエヴァにはまった方はここで時代を追体験して楽しんでいただければ幸いです。


■EVA TOP10

・心のキーワード ◆名セリフトップ10
1.64票 逃げちゃダメだ
2.38票 あんたバカ!?
3.24票 僕は君に逢うために生まれてきた…
4.23票 誰も君に強要しない 自分で考え、自分で…
5.13票 あなたは死なないわ、私が守るもの
6.11票 私が死んでも代わりはいるもの
7.10票 ぬるいな…(ああ)
8. 8票 好きってことさ
8. 8票 笑えばいいと思うよ
8. 8票 僕はここにいてもいいのかもしれない

庵野秀明/コメント
 加持のセリフ「自分で考え、自分で決めろ」は、日本人はこういうふうにならなきゃイカンのでは、というとこです。日本には、ほんとうの意味での個人主義を持つ人がほとんどいないので。
 ラミエルやレリエルなど、使徒のデザインは、作画のコストパフォーマンスを最優先に考えています。使徒の“声”は、人間の声を加工したものをイメージしています。

・マイエンジェル ◆使徒トップ10
1.195票 第17使徒 渚カヲル
2. 43票 第3使徒 サキエル
3. 40票 第5使徒 ラミエル
4. 31票 第14使徒 ゼルエル
5. 14票 第12使徒 レリエル
5. 14票 第13使徒 バルディエル
7. 12票 第7使徒 イスラフェル
8. 11票 第4使徒 シャムシエル
9.  9票 第1使徒 アダム
9.  9票 第10使徒 サハクィエル

あさりよしとお/コメント
 サキエルの原形は“死神”のイメージ。ポッカリ開いた2つの黒い眼の穴は、人間に“死”を連想させる不吉なキーワードなのでゼルエルでも使っています。デザインの時点では使徒の前例がなかったので、どんなデザインラインだかわからず、監督のアバウトな注文(基本的な注文は“使徒”“イメージ”“登場のシチュエーション”だけ)に対し、いろいろ盛り込んだものを持っていっては外されてました。で、結局、残ったパーツは白い骨面と長い腕、そして両腕のスパイク。追加したのはアバラと尻のエラの2点のみ。結局、使徒は一体一雲ということでシンプルさが信条だったようで、サキエルの目パチ、首かしげはアニメーターさんのアイデアでこちらの指示ではありません。
 ゼルエルは監督から形のイメージだけもらって始めて、土壇場で“あの”腕がつけられました(ラフには普通の腕がついています)。いずれにせよ、登場場面の短い使徒は、ディテールよりも輪郭のインパクト……と私は了解してシルエット重視のデザインをさせていただきました。


■EVA Report
・庵野監督追っかけレポート!! みやむー危機一髪?
 6月末、東京・足立区アメージングスクエアにて、宮村優子の1stアルバム「ケンカ番長」の発売記念イベントが行われた。司会進行の岩田光央とみやむーが軽快なトークで観客をわかせている中、突如♪ちゃ~ら~ららら~らら~ら~ら~♪という大音響にのって、花束を手に出現(!?)した庵野監督。だが、その曲「THE BEAST」(初号機暴走のときのやつね)と監督の登場に驚いたみやむーは「どこの中国人マフィアかと思った」とのたまい、岩田に至っては「なんだこのオヤジ」呼ばわり。あとで庵野監督と気づいた彼は、「エヴァ」の映画に使ってと自分を売り込んでいたが、オーディションに出たらと一笑されていた。めげるな、岩田クン!


・8/29イベントレポ!
 8月29日、東京・池袋、豊島公会堂で「エヴァ」の特別上映会と、庵野監督、林原めぐみ、緒方恵美によるトークショーが行われた。トークでは裏話が続々! まずは緒方がアフレコで、アスカがシンジにキスした後うがいをする場面を、本当に宮村優子といっしょに再現したと証言。緒方「私はみやむーが『がらがら、べえっ』と吐くところをコーヒーカップで受け止める役で。なんか気分よかったです」。話題は監督の演出意図に。林原「初号機が使徒を食うっていう行為に、思い入れはあったんですか」。監督「いや、カニバリズムでGO!と」。林原「あ~、好きな人を食べちゃうっていう……よく考えたら、初号機はレイだから、私が食べてるんですよね」(場内爆笑)。そして林原の「FLY ME TO THE MOON」のRC(レコーディング)では、監督から「死んでうれしいという感じ」「微笑んで猫の首を絞める感じで」と注文を受けたという話が。林原は「1回そのとおり歌ってみたんですよ。でもあまりに怖くなりすぎて、油をなめてる化け猫みたいになっちゃった(笑)」。
 そのほか、林原の「監督、春の劇場公開では、レイちゃんって何番目になるんですか?」や、緒方の「ある娘が、シンジくんの声の人、というので私のラジオを聴いたんだけど、『こんなのシンジくんじゃなーい!』って(笑)。でも『あの……シンジです』(実演)じゃあDJにならない」などの発言に場内は大ウケ。和やかな中にもツッコミあり、アセる監督あり、の楽しいひとときとなった。
 (※写真にルビで)「使徒って何ですか」。林原の質問に「まだ秘密。来年3月にはね。先わかっちゃうと、切迫した演技が出なくなっちゃうから」と監督。すると緒方が「監督、アフレコのときはシナリオ早めにお願いしますよ」とツッコミを。


■DEATH&REBIRTHからREBIRTH2へ! EVA製作委員会と庵野秀明総監督からのコメント
「EVANGELION:DEATH AND EVANGELION:REBIRTH新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生 REBIRTH2(仮)の制作について」
◎3月15日(土)より全国ロードショー公開される「DEATH & REBIRTH」は上映時間全99分の予定で製作されています。
◎「DEATH」は、TVでは描かれていない、大量の新場面や、新作画場面が目白押しの、庵野総監督、摩砂雪監督が新たな視点で作り上げた「劇場版新作」として製作中です。
◎「REBIRTH」は劇場用完全新作として作られています。当初はこの「REBIRTH」をもってストーリー的に完結すべく製作が進められておりましたが、「エヴァンゲリオン」という、アニメ史上類を見ない作品のラストシーンを、最高の完成度で世に出したいという考えから2部構成をとるという選択にいたりました。しがたって今回の「REBIRTH」は完結編の「第一部」という形で公開されます。
◎今回の「REBIRTH」は、TVシリーズで投げかけられた数々の謎の答えが語られます。“セカンドインパクトはなぜ起こったのか?” “使徒の正体は?” “心神喪失状態のアスカの復活はあるのか?”など、ファンの疑問に対する答えが盛りこまれています。
◎今回公開する「REBIRTH」に40分以上の新しい映像を加え、計約70分の作品として夏公開に向け製作中です。この作品では、人類の未来を決する最後の戦いが描かれます。エヴァンゲリオン対エヴァンゲリオン、そしてそれぞれのキャラクターの運命など、見どころが満載されています。「エヴァンゲリオン」のストーリーはこれにて完結いたします。
◎「REBIRTH2」製作に当たってはファンへのサービスとして、今回の春興行の未使用の前売券を「REBIRTH2」でも使用できるようにいたします。
1997.2.14 EVA製作委員会

「総監督 庵野秀明からのコメント」
「新世紀エヴァンゲリオン」を今回の劇場版で完結させるつもりでしたが、製作当初に考えていた内容よりイメージがふくらみ、予定していた尺や作画枚数等をはるかにオーバーしてしまいました。 現在も鋭意制作中です。角川書店様、東映様の御厚意と御協力により、3月15日公開の「シト新生」では「第一部・完」というスタイルをとらせて頂きました。出来るかぎりきちんとした形で表現したいと思いましたし、急いで間に合わせるようなことはしたくなかったのです。夏の二部公開というチャンスを最大限に生かしたいと思います。「シト新生」はREBIRTHの完全新作に加え、DEATHも30分ほど新たに作り直してあります。お楽しみいただければ、幸いです。
総監督:庵野秀明

記者会見からの質疑応答で庵野総監督から明らかにされた情報を補足しておくと、「2月14日現在、絵コンテはほぼ完成。ラストのみ事情があって保留している。進行状況は地獄としか言いようがないが、がんばっている」「作品は両方とも35mmビスタサイズで公開」「謎はかなり説明しているのでだいたい分かっていただけると思う。オチの部分は夏をお待ちください。REBIRTH編第一部は、たいへんイイところで終わります。ずるいですけど……」などなど。(以上原文ママ)

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/18 01:33 (Mon)
インタビュー&アーカイブス | Trackbacks0






色々告知です。

●公式ブログ:色々告知です。
http://eva.b-ch.com/blog/nerv/archives/81
庵野監修のサントラとか全記録全集とか。お金は無限じゃないので、前も書いたけど買わないのもまた勇気かと。

●AOU2008:胸元は柔らかい素材 「エヴァ」綾波の新フィギュアなど展示
http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20080216mog00m200031000c.html
●やわらかおっぱいの綾波レイ
http://www.gizmodo.jp/2008/02/post_3132.html
一応14歳のキャラクターでこういうの出すのは…と思うのですがいいのか。

●DPO的フォトレポート!「AOU2008」【プライズ編】最新フィギュアは柔らか素材で勝負!?
http://dps.dengeki.com/2008/02/dpoaou2008_2.html
こちらは写真が多く見られます。

●グレン団活動報告:これはいったい?
http://gainax.weblogs.jp/gurrenlagann/2008/02/post-3e40.html
バッヂの塗装かと思ったら結構サイズが大きいですね。ワンフェス行ける人はいいなあ。

●YouTubeの「角川アニメチャンネル」開設に見る著作権問題
http://japan.cnet.com/blog/kirifue/2008/02/16/entry_25005209/
もう既にオープンしていた角川のyoutubeチャンネル。ニコニコみたいに商品リンクも個々の動画についてるとより効果的だと思いますけど。

●東芝 HD DVD撤退観測浮上 アニメDVDは?
http://animeanime.jp/news/archives/2008/02/hd_dvd_dvd.html
一方ブルーレイは新たに「名探偵ホームズ」「じゃりんこチエ」などの商品化が新たに決まりました。

●「だから,日本の深夜アニメはつまらない」ガンダムの父・富野由悠季氏の講演をムービー込みで掲載
http://www.4gamer.net/games/043/G004340/20080213051/
中国の人はもっとガンダムの事とか聞きたかったかもしれないけど、こんなお爺ちゃんがここまで視野を広げて世界を見ている事にビックリしただろうな。

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/17 02:48 (Sun)
エヴァ | Trackbacks0






日本アカデミー最優秀アニメーション作品賞 「ヱヴァ」は逃す

わ、20万ヒットありがとうございます!!

●日本アカデミー最優秀アニメーション作品賞 「ヱヴァ」は逃す
http://animeanime.jp/news/archives/2008/02/post_303.html
獲ったのは「鉄コン」。日本アカデミー賞なのに外国監督にとられてしまった。

●EVASTORE:ヱヴァンゲリヲン新劇場版 渚カヲル 完成品 (コトブキヤ)
http://www.evastore.jp/index.cgi?rm=detail&id=1853
平松さん描き下ろしの渚カヲル壁紙もまだ6枚公開中ですのでファンの方は無くなる前に。

●★50%OFF★UBIQ × 新世紀エヴァンゲリオン10周年記念スニーカー:BROWN×BURGANDY SEPHIROTH
http://www.rakuten.co.jp/washington/934116/934123/#876474
セフィロトの樹がデザインされたスニーカーが半額。オタアイテムっぽくバレにくいのでいいんでは。

●今こそ語ろう『天元突破グレンラガン』制作秘話!! 第20話 神はどこまで僕らをためす
http://www.style.fm/as/13_special/mini_080215a.shtml
ほぼ芳垣祐介さんの一人原画だったとはいえ、4話ほどアクが強くはなかったですね。

●撮影虎之穴更新!第十七回:第十七話「あなたは何もわかっていない」
http://www.gainax.co.jp/anime/gurren-lagann/tora.html
第三部から敵が3Dになるっていうのはわかりやすくて面白かったです。「丸爆発」なんて処理があるんですね。

●グレン団活動報告:ついにこちらも完成です!
http://gainax.weblogs.jp/gurrenlagann/2008/02/post-fa23.html
最終巻は全員集合がいいなあ…と思っていたら本当にやってくれるとは!ファンの心をわかってるなあ。
裏ジャケはすしおさんっぽいベタ塗りだけどキャラデザの錦織さんなんですね。

●GAINAX NET:巨大ブース「天元突破グレンラガン」は、終日イベントてんこ盛り!熱くワンフェスを駆け抜けろ!
http://www.gainax.co.jp/anime/gurren-lagann/news/0116.html
目玉が光る“グレン団バッチ”を無料配布、声優トークショー、コスプレイヤーにはグレン団バンダナ配布など盛りだくさんです。

●GAINAX NET:トップ絵更新
http://www.gainax.co.jp/
原画デビュー一周年の横井将史さん。

●yahoo動画1~6話無料配信!:彼氏彼女の事情
http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00066/v03738/
●関連:yahoo動画1~6話無料配信!:機動戦士Vガンダム
http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00066/v03675/
カレカノは1~3話が凄くまとまってて面白いので未見の方はこの機会に。全体的に庵野っぽい。

●電脳コイル:DVD第6巻情報をアップしました。
http://www.tokuma.co.jp/coil/dvd.html
特典の画像などが見られます。

●神聖モテモテ王国 全6巻がコミックパークで復刊
http://www.comicpark.net/cm/comc/detail-bnew.asp?content_id=COMC_ASG01034
復刊が待たれた作品ですが未収録作品が入るわけではない割には高い…。
因みにうちのブログは脱線した記事(管理人の趣味)が割と入る事があります。興味ない方すいません。

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/16 13:52 (Sat)
エヴァ | Trackbacks0






バンダイナムコ、DS「ぷちえう゛ぁ」 3つのゲームモードの詳細、予約特典情報を公開

昨日の一件をキングレコードさんに電話してみたんですが、「何故変更したか」「今後収録される機会はあるのか」「代わりに何か収録されるのか」を一つずつ伺ってみたところ、早い話が「全体的に今のところわかりません」という事で、1分半にも満たない電話でした。
まあ社長が電話で出てくれるわけでもないんだし、期待した回答を得られないのも「ですよねー」という結果か。別に応対してくれた方を責める事はできない。

●バンダイナムコ、DS「ぷちえう゛ぁ」 3つのゲームモードの詳細、予約特典情報を公開
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080213/eva.htm
濱元さんのグラデがかった画風は近年のガイナの作風にマッチしてていいですね。

●本の王子様:「ブリーチ」圧倒的1位 アニメ化で「狼と香辛料」も好調
http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20080213mog00m200014000c.html
少年ジャンプ勢が上位で食い込む中、「アオイホノオ」は「アイシールド21」と同率の7位。これって凄く売れてるんじゃないでしょうか。

●GAINAX NET:ワンダーフェスティバル2008[Winter]新アイテム情報!
http://www.gainax.co.jp/anime/gurren-lagann/news/0115.html
字がちっちゃくて目立たないのですが、アニメーション原画集はなんと今石監督のサイン付き。部数限定です。

●グレン団活動報告:これでリテイクは終了です。
http://gainax.weblogs.jp/gurrenlagann/2008/02/post-a472.html
3部から増えてきた作画のリテイクも、いよいよ完全終了。後はパッケージングされるのを待つだけですね。
天元突破グレンラガン 9 (最終巻) 一挙4話収録! キャスト・スタッフWコメンタリー付

●岩崎琢のグレンラガンBGM解説
http://www.gurren-lagann.net/spe/iwasaki02.html
ちょうど最近DVDで序盤を見返してたので音楽が思い浮かびやすいです。

●yukalyric:車を買いました
http://ameblo.jp/yukari-hukui/entry-10072221299.html
3月1日幕張メッセにてファーストアルバムライブ敢行決定。入場無料。
福井裕佳梨/私が実る木の下で

●「コードギアス 反逆のルルーシュ」初の画集 4月6日発売!
http://kom824.blog113.fc2.com/blog-entry-472.html
ルルーシュシリーズはガンダム00よりもアニメーター戦力が投入されてるので、密かに画集楽しみにしてました。
キムタカさんも千羽さんもうまいうまい。

●BATTLE OF SUNRISE商品紹介
http://gmstar.com/ps2/battleofsunrise.html
30周年記念作品なのにどうしてこんな華のないラインナップ…SFC時代から何ひとつ変わってない会社だ!(別にいいけど)

●ニコニコ:日記絵を記録してみた#04 -少女革命ウテナ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2252810
なんとぷちえう゛ぁの絵を描いている濱元さんがウテナの絵を描く製作過程を動画で紹介してます。
プロ早ぇーー!!

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/15 03:34 (Fri)
エヴァ | Trackbacks0






「ヱヴァ新劇場版」版権イラスト使用のジャンボカードダスが2月下旬登場!

ガイナ様から頂いたメールにキングレコードの電話番号がご丁寧に書いてあったので、明日電突してみたいと思います。まあそんなに大げさな事ではないけど。
焦点は「何故無くなったのか」、「無くなった庵野監修のPVは今後どこかで見られるのか」、「特典が減った分埋め合わせ的にサプライズはあるのか」の3本です。

●「ヱヴァ新劇場版」版権イラスト使用のジャンボカードダスが2月下旬登場!
http://ga.sbcr.jp/mgangu/009124/
貞絵のポスター柄は窓の部分がクリアー素材と言う凝り様。できればこういうのは劇場に置いて、映画見終わって熱がポカポカしてる時にお祭り気分でグルグル散財するのが一番楽しいんだけど。1枚200円です。

●“シンジ”たちと「ねるふ学園」の1年を体験! 『ぷちえう゛ぁ』新たなミニゲームが判明
http://dol.dengeki.com/data/news/2008/2/13/e40b9031b9daec8372b0f578f991b263.html
●【ぷちえう゛ぁ】ゲーム内容と予約特典を発表
http://japan.gamespot.com/ds/news/story/0,3800075348,20366982,00.htm
シンジ「なんでぼくのウチにみんなが…?」アスカ「おさななじみだから」 萌えるなあ…。
DSぷちえう゛ぁ 特典 特製スクールカレンダー付き

●EVASTORE:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」 プログレッシブナイフ レプリカ
http://www.evastore.jp/index.cgi?rm=detail&id=1845
●EVASTORE:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」 綾波レイ 1/8スケール完成品(ムービック)
http://www.evastore.jp/index.cgi?rm=detail&id=1844
この綾波、かなり「らしい」出来でかっこいいと思います。
http://item.rakuten.co.jp/amiami/hob-fig-7831/

●ムービック、新劇場版商品を4月一挙リリース
エヴァンゲリオン新劇場版:序 リールキーホルダー
http://item.rakuten.co.jp/amiami/cgd-0437/
エヴァンゲリオン新劇場版:序 ビアジョッキ
http://item.rakuten.co.jp/amiami/cgd-0438/
エヴァンゲリオン新劇場版:序 特務機関ネルフ スタッフピンズ
http://item.rakuten.co.jp/amiami/cgd-0436/
エヴァンゲリオン新劇場版:序 時計
http://item.rakuten.co.jp/amiami/cgd-0439/
エヴァンゲリオン新劇場版:序 下敷
http://item.rakuten.co.jp/amiami/cgd-0435/
買い求めやすい小物が沢山。簡単に誰でも手を出せるこういうのがいいね。

●限定版なの! WAVE「使徒XXnano!」CODE:BEがWF+通販で販売
http://ga.sbcr.jp/mfigure/009145/
限定版はウインクしてます。ワンフェス先行販売。

●携帯でも拡がるガイナックスワールド:2月
http://www.gainax.co.jp/mobile/news/0047.html
●2キャリアの「エヴァ&GAINAX」にバレンタインアバター登場!
http://dol.dengeki.com/data/news/2008/2/13/af34d4ca545af4d65b1fc546419148ad.html
まあ早い話が綾波アスカで着せ替えが出来るって事ですな。

●声優・岩男潤子Live2008~Birthday~ 2月17日(日)開催!!
http://www.presepe.jp/m44/show/id/Puw_45B-IAw
記事内、伊吹マヤ役じゃなくて洞木ヒカリ役ね。

●映画監督の市川崑さん死去
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080213/tnr0802131845011-n1.htm
エヴァの明朝体は勿論、レイアウト的な画面作りでも庵野監督に大きな影響を与えた市川監督が死去。

●アニメーター逢坂浩司氏の追悼展示会開催中
http://pc.webnt.jp/hotnews/news786.html
来場者には特製ポストカードを渡しているとか。いいなー。

●技能五輪全国大会3月に開催 アニメーター職種も実施
http://animeanime.jp/biz/archives/2008/02/3_11.html
こういうの面白そうなので天下一武道会みたいに若手からベテランまで一気に参加して欲しい。


コンビニで食玩「キャラクターズ」でポジトロン初号機当てたくて一番重いやつ引いたら一発で出たー!!
人生いい事もあるもんだなあ…。
s-IMG_1111.jpg

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/14 01:47 (Thu)
エヴァ | Trackbacks0






ヱヴァンゲリヲン新劇場版「リリース情報」更新!

ガイナックスさんに「序の特装版の映像特典に宇多田のPVは収録されなくなってしまったのか?」という事をメールで問い合わせてみたところ、「仕様変更は発売元であるキングレコードさんによるものなのでそちらで改めて聞いてみてください」(要約)との事。わざわざご返信ありがたいですガイナ様。
んで、キングレコードさんの方にも伺ってみるかとエヴァ専用のページを開いてみた所、目に飛び込んできたのが「*全ての収録内容・仕様・特典等は予告なく変更になることがございますので予めご了承下さい。」の文字。現場の状況は常に動き続けるものなので、これを書かれると何も言えなくなっちゃうなあ。
話題は更に今日たまたま更新された↓のニュースに続きます。

●ヱヴァンゲリヲン新劇場版「リリース情報」更新!
http://www.starchild.co.jp/special/evangelion/
サントラの情報が新たに公開。『Beautiful World』、『Fly Me to the Moon (In Other Words) 』の収録が決定。品番の数字が1つである事から2枚組みという事は無さそうです。
それで上の話題の続きなんですが、ここからは自分の邪推でしかないですけど、もしDVD特典で宇多田の曲を収録した場合、それで満足した顧客がサントラの購買を控える事をキングは恐れたんではないかな、と思います。本当に完全な想像でしかないですけど。
うーん、だったらサントラに特典でPVを収録したDVDを付けるとか、バカ高い全記録全集に同じくDVDで付けて欲しいなあ…カラー社内で働いてる風景とか松原さん撮影のカラーPVとか。
まあこれはここで言ってもしょうがないので、気が向いた方はガイナに「カラー様宛て」と書いてメールを送るか「商品化アンケート」に要望を出してみましょう。何もしないよりはマシかと思いますんで。
商品化希望アンケート
support@gainax.co.jp (コピペでお使いください)

●「ライブガイナックスLE in SUGINAMI」
http://d.hatena.ne.jp/zeroes/20080212
2002年に行われたものの書き起こしメモ。参加者は庵野秀明、山賀博之、赤井孝美、武田康廣と超豪華。
ガイナ脱税で黒服の男が押しかけた時に「わあドラマみたいだ」とカメラを回す庵野監督萌え。

●秋山工房オンラインショップ開店1周年キャンペーン
http://www.akiyamakobo.co.jp/shop/index.html
●秋山工房 等身大エヴァ発売1周年記念壁紙DL中! 綾波も限定3体が割引に
http://ga.sbcr.jp/mfigure/009146/
壁紙ダウンロードや、等身大綾波の5%オフなど。元値が高いので5%がでかい。

●UCC「ヱヴァ缶」、メイドバージョンで復活。
http://japan.techinsight.jp/2008/02/kanbayashi200802121105.html
●懐かしのUCCエヴァ缶 レイ・アスカのメイド服で再登場
http://news4vip.livedoor.biz/archives/51127603.html
2月下旬からパチンコの景品で登場。打たなくても現金からパチ玉に交換してそのままレジへ直行すればいいんだろうか。

●コトブキヤ「天元突破 グレンラガン 天元可動 グレンラガン」のサンプル展示
http://blog.livedoor.jp/affilive/archives/51273833.html
素組みでこれならなかなか。リボルテックと迷うか?

●中川翔子:初アルバム「Big☆Bang!!!」発売決定 ブログで「ギャラクティカウレシス」
http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20080212mog00m200017000c.html
空色デイズを収録。

●電脳コイル:文化庁メディア芸術祭贈賞式レポート
http://www.tokuma.co.jp/coil/news.html
受賞理由に「後年にジャンル化してマスターピースとなるかもしれない。そんな“夢”を見させるところが本作の価値」「『やられた』と思った同業者は多いだろう」とべた褒め。

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/13 10:58 (Wed)
エヴァ | Trackbacks0






レビュー:セガ 新世紀エヴァンゲリオン HG BUNNYフィギュア アスカ

●レビュー:セガ 新世紀エヴァンゲリオン HG BUNNYフィギュア アスカ
http://kaijin.akiba.coocan.jp/main/fig/photo/hgbunnyaska.html
プライズなのに今の商品はここまでレベルが上がったんですね…。

●グレン団活動報告:アイテムチェック中
http://gainax.weblogs.jp/gurrenlagann/2008/02/post-bd22.html
グレンラガンのこれまでの商品、これからの商品をワンフェスで一挙展示する模様。

●プロダクションI.G 「図書館戦争」キャスト発表! 郁は井上麻里奈さん
http://ga.sbcr.jp/manime/009136/
ヨーコの人ですね。石田彰さんもキャストの名に挙がっています。

●ウルトラセブンX:ダンとアンヌ40年越しの恋実る? 監督が思い明かす
http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20080211mog00m200015000c.html
まだセブンは最終回まで見てないなあ。

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/12 05:10 (Tue)
エヴァ | Trackbacks0






庵野秀明×上野俊哉 冷めた世代と“魔法の箱”

●庵野秀明×上野俊哉 冷めた世代と“魔法の箱” 月刊ニュータイプ96年11月号
http://evangeliwon.blog107.fc2.com/blog-entry-289.html
今日はエヴァに直接関連のある記事が一切無かったので過去のニュータイプの記事をアップ。
次回からは10年前のE通信を更新していきます。

●俺とアニキの天元可動! コトブキヤのグレンラガン決定版キット紹介!
http://ga.sbcr.jp/mplamo/009030/
開いた口の顔パーツも付属でポージングにもバッチリ。
天元突破グレンラガン 天元可動 グレンラガン (ノンスケール一部塗装済みマルチカラーキット)

●コスパのグレンラガンウェアが多数登場!
天元突破グレンラガン グレン団 ウインドブレーカー /BLACK-M
http://item.rakuten.co.jp/amiami/cos-2458bm/
天元突破グレンラガン 穴掘りシモン Tシャツ /BLACK-M
http://item.rakuten.co.jp/amiami/cos-2456m/
天元突破グレンラガン シモン&ブータ Tシャツ/WHITE-M
http://item.rakuten.co.jp/amiami/cos-2455m/
天元突破グレンラガン 穴掘りシモン トートバッグ BLACK
http://item.rakuten.co.jp/amiami/cos-2457/
穴掘りシモンTシャツはデザインがオタオタしてなくていいなあ。
店頭で見つけたら普通に買ってしまうかもしれん。

●完成:ダリー・アダイ
http://d.hatena.ne.jp/grimrock/20080210
うはカワイイ。

●電脳コイル第9巻 限定版が取り扱い開始
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0013HKVG2/
最終巻なので更なる特典を期待しちゃうなあ。磯監督お願いします。

●春季アニメスタッフ情報
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anime3/1202459396/182-190n
「ストライク・ウィッチーズ」の監督・キャラデザに高村和宏、「鉄腕バーディー」のキャラデザにりょーちもさん。

●「ReadMe!」が全サービス終了へ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/08/news052.html
今月で終わりですか…本当にお疲れ様でした。

うちのモニタは壊れてて赤色が出ないんですが、先ほどから急に赤が出るようになり、うちのサイトってこんな色だったのかと今更感慨深く。
黒が赤に。灰色がピンクに。黄色が黄緑に。青が紫に。インターネットすると眼が痛い!!

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/11 03:24 (Mon)
エヴァ | Trackbacks0






庵野秀明×上野俊哉 冷めた世代と“魔法の箱” 月刊ニュータイプ96年11月号

上野「思うに、われわれの世代にとっては、『ウルトラマン』や『仮面ライダー』って、あまりにも大きいんです。車が好きとか、機械が好きとか、あるいはSF一般が好きという人は圧倒的に擦り込みを受けているという感じがする。マシン、怪獣、変なカッコしたものが出てきて、町が壊されていくという原風景の圧倒的な擦り込みというのがまずあって、『エヴァンゲリオン』も僕はそっちに近い感じがしてるんです」

庵野「そうですね。僕らの世代('60年代前半生まれ)の共通体験はテレビかマンガしかないと思うんですよ。それはしょうがないと思います。僕らより前には、全共闘や、お上に逆らってひどい目に遭って、4畳半に引っ込んでフォークを歌う世代というのがありましたよね。その前の世代には、圧倒的な共通体験として戦争と戦後があると思うんですよ。あの何もない焼け野原から、日本を復興させるんだという。そういうパワーって、スゴイですよね。だけど、僕らには“魔法の箱”の中にしか語るものがない。情けないんですけど、仕方ない。そこを認めたところから、スタートだと思うんですよ」

冷えきった世代

―戦争や学生運動の時代が終わった日本には、高度成長期と言いながらも、文化的にはぽっかりと穴が空いたような空虚な時代が訪れた。そこで彼らは、テレビという“魔法の箱”を初めて与えられるが、そこには、先人たちが体験したようなリアリティーはない。「そんなことはわかっているよ」と冷めた目で見ながらも、彼らは“魔法の箱”に何か目に見えない力を感じていた。

上野「『ウルトラマン』を見ているときも、初めから僕らは着ぐるみだと知っているわけですね。だけど、仮面ライダーにしても、ウルトラマンにしても、ジッパーが見えていようが全然カッコ悪くないと思える、ある感性があると思うんです。怪獣もいるかもしれないという、ある信頼や信仰があると同時に、一方では、ものすごい冷めた、あれはしょせん“物”なんだ、着ているんだという感じがあって。装着することのカッコよさへの美学もインプリンティングされていると思うんですが」

庵野「ええ。ある程度、冷めたところもあるんですね。ニュースは本物。マンガやドラマはニセ物というかウソのつくり物という先入観があって。最も(※正しくは「尤も」)ニュースも真実とは限らないですがね。ただ浅間山荘や安田講堂のリアルタイム映像の臨場感とか、お茶の間で味わえたんですよね。所詮はバーチャルな物なんだけど、やっぱりテレビってスゴいと思った。子供の楽しみというか娯楽がテレビやマンガにしかなくなっていたとき、それを最大限に楽しもうとしてたんだと思います。テレビの中、番組そのものを遊び場にして。だからチャック等は見えないものとしたり、何かと理由を探して、整合性をもたせたり。少年雑誌のフォローとかもあったけど、昔は頭の中で番組の足りない部分を想像したりして、補完してたんですね、自分たちなりに」

箱の中に見た”裏切りの体験”

上野「かつて、戦中派、もしくはわれわれの両親たち昭和ひと桁世代は、昨日まで軍国主義だったのに、きょうから突然、戦後民主主義になったりという“裏切り”の実体験をしている。昨日まで“行け行け”と言っていた先生や軍人が、コロッと変わっちゃって自由平等を唱えるというのは、ものすごいフィクション体験というか、まゆにツバつけるような体験なんですよね。だけど僕らの世代は、(その当時を)あらかじめテレビや映画の中で、初めから物語として見ているわけで、全然リアリティーがない。だから、本当に裏切られたという体験をしたことがないんじゃないかという気もするんですが」

庵野「ですから“箱の中”での裏切りなんです。僕らは、それを静かに見ているということしかやってない。あとは、先生の話や親の話で聞いているんですね、実体験を。51年前の8月15日を境に、日本全体の価値とか、体系がゴロッと変わったわけじゃないですか。外敵と戦って、初めて日本は戦争に負けたんです。2000年以上の歴史の中で、初めてですよね、日本がなくなったのは。だけど、その初めての経験でも、日本は耐えたわけですよね、滅びずに。日本という国は運がいいとは思うんですけど、それだけじゃなくて、お上が変わればそれにコロッとついていくという、日本人の性質もあると思いますね。僕らは、それらの話をじかに聞いているから、戦後の価値観の変化というのが、知識として擦り込まれてますね。僕らにとってこのことは大きかったと思うんですよ。やはり確かなものなんかどこにもないんだという確信を得ましたからね」

テレビ黎明期と現在の状況

―共通体験はテレビしかないという彼らの世代は、'60~'70年代のテレビドラマが人格形成のうえで重要な位置を占めているという。そして、テレビを見つづけて育った彼らは、当時の番組のていねいなつくりに比べ、現在の番組には違和感を抱く。

上野「『ウルトラQ』や『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』では、脚本家が沖縄出身だったり、物語にある微妙な影が落ちているとか、星新一が企画のメンバーにいたりして、非常にシリアスだったというのが一般的に言われていますよね。それはもちろん事実なんだけれど、ただ、公害やオイルショック、ドルショック、ベトナム戦争、あるいは日本の中のいろんな学生運動の失敗、そういう背景に流れる社会の動きを見るには、僕らはあまりにも幼かった。だけど、『アイアンキング』や『シルバー仮面』とか、(『ウルトラマン』以後の)特撮の中には、また別のシリアスが入っている。今度は、オイルショックも知っているし、もういろんな社会的な事件を知ったうえで、これらの作品を見ているわけです。『アイアンキング』には、不知火一族っていう大和朝廷に恨みを抱くグループが出てきたり、独立幻野党っていう過激派みたいなやつが出てきたりと、それはそれで時代を反映していて、昔の『ウルトラマン』や『セブン』のもっているシリアスさとは違う、かなり具体的なものに触れている面もある。『レインボーマン』に至っては、日本人だけを殺す"死ね死ね団”なんてのが出てくる。これらは、『ウルトラマン』や『セブン』とは区別できますね」

庵野「体系的に考えれば、'60年代頭のころの作品は未来を語っていますよね。この時期は日本全体がイケイケムードだったから、未来に明るいものを感じている。『ウルトラマン』も1993年の話なんです。ジャミラと同い年なんですよ。僕(笑)『セブン』も'80年代後半という設定でしたね。その2作品は、まだ未来を語っていた。それから、日本全体のイケイケ&ゴーゴーが行き詰まって、ガタンと落ちたときから、現実を語りはじめましたね。それが等身大ヒーローになったとも思うんですよ。“ウルトラシリーズ”も『帰ってきたウルトラマン』になると人間ドラマになってますしね。ウルトラマンが出てこなくても、成り立つ番組になっている。『セブン』でも、ちょっとそういう話がありましたけど。脚本の金城哲夫さんの中にあったと思うんですよ。未来に対する憧れみたいなものを、疑問をもちつつも信じようとしている部分が。金城さんは、本当は信じていないんじゃなかったのかと思うんですよ。信じようとしていただけだと。そこが、またスゴイんですけど。絶望を知ってて、あえて絶望を語らない強さが」

上野「金城さんはある意味で、戦中派的なリアリティーを知らなければならない土地(戦場となった沖縄)に育って、東京に出てきているわけですからね。ちょっと異例なポジションにいる人ですよね」

庵野「そういう人が、地球での異端であるモロボシ・ダンという人物を描けるんだと思います。やっぱり、そういう現体験をしている人じゃないと描けないと思います。その辺の心情というのは、本を読んでわかるというもんじゃないですから」

上野「実際、周りに活動家なんかがいたという『アイアンキング』の脚本家(佐々木守氏)も、ダメだと知りつつ、ムダだと思いつつ、でも若干のシンパシーを感じて、独立幻野党や不知火族とかを書いていたと思うんです。やはり、よかれあしかれ、体験を引きずっている」 

庵野「目的が現政府転覆ですからね。作品の中に、過激派などの雰囲気というのがそのまま出ている。それは、悪にせざるを得ないんですけど。まあ、いろいろ考えても、良質なんですよ、当時の作品は。つくっている人がすごくまじめにやっていたと思います」

上野「今は違いますか」

庵野「まるで。子供番組だからといってナメているのが多い。子供番組だからこそ、キチンとやらなければいけないと思うのに。レベルというか、スタンスが違うんですよね」

上野「いろんなレベルがありますから。月とスッポンがあるというか…」

庵野「そうなんですが、昔はいいものは断トツによかったんですよ。そのよいフィルムの数も多かった。特撮も途中から粗製乱造になって、ブームになってから、数々のひどいものがドバッとできましたけど」

上野「僕としては『(太陽戦隊)サンバルカン』ぐらいまではよかったと思ってるんだけど」

庵野「僕も(超電子)バイオマンの途中から1度見なくなったんで。(鳥人戦隊)ジェットマンあたりからまた復帰して。今の(激走戦隊)カーレンジャーは極めてグーですね。RVロボの合体シーンなどはナイスでした」

キャラクターは庵野監督そのもの

―「エヴァ」の魅力のひとつとして、強烈な個性をもつキャラクターがある。自分や周りの誰かに似ているようだけれど、実はどこにもいない。そんな彼らをもっと知りたいと思うことが、「エヴァ」にひきつけられていることでもあると思う。よく言われていることだが、キャラクターそれぞれには、庵野監督自身の一部が投影されているという。 

庵野「とくにシンジ、ミサト、アスカには、自分に近いものを感じますね。で、シャドーとしてカヲル君。レイは僕の一番コアな、深層の部分でつくってます。できるだけ自分は無干渉にして、にじみ出るところだけで形にしていますね」

上野「僕はレイってすごい好きなんです。たとえば『Zガンダム』のフォウって、本当にいてほしいんですよ。本当に会いたい。でも、レイってそうじゃないんですよね。これは二次コン(二次元コンプレックス)ではなく、レイっていうのは、自分の前にはいない、完結している存在だと思う。同じ人工的につくられたものであっても。

庵野「まあ、気が狂ってますけどね(笑)。レイはそうしたかったんですよ。難しかったんですけどね。それが描けるのはそういう人だけですから。これは僕が気狂うしかない」

上野「精神分析とか人格セミナーがどうのこうのとかって言われてますけど、ああいうサイコロジー一般に対する興味というのは、昔から強かったんですか?」

庵野「まるでなかったです」

上野「『エヴァ』をやってて、そういうのに向かっていったっていう感じですか?」

庵野「そうです。自然にそっちに。以前は精神分析の本て、全然読まなかったんです。大学の一般教養ので少し触れた程度ですね。その中では一番面白かったです」

上野「じゃ、何となくキーワードというか、興味みたいなものが心の中に引っかかっていたんですね」

庵野「ええ。僕、人間にあまり興味がなかったんでしょうね。それが、自分の話をはじめたときに、途中で伝える言葉が欲しくなったんですよ。それで、いちばん使いやすいと考えたのが、世間一般で使われている心理学用語ということばだった。そして、本をあさりはじめたんです。それまで、心理学に興味をもつなんて思わなかったッス」

自分と自分との会話

庵野「16話が最初なんですよ。ストレートに自己の内面世界に突入してしまったのは。以前から線画によることばの表現というのもやってみたかったし。あのシーンのダイアローグは比較的にまだ楽だったんですよ。自分のことをそのまま台詞にすればよかったんです。しかしその後、総集編のレイのモノローグで詰まったんです。あ、制作は16話のほうが先に入ってたんですよ。総集編は後からつくっても間に合いますから。で、どうもイメージわかないときに、友人が『別冊宝島』の精神病の本というのを貸してくれて。その中のポエム群ですね、ショックを受けたのは。脳天直撃でした。そこでスイッチが入れ替わったんでしょうね。レイのモノローグが堰を切ったように浮かんで来ましたから。その本のポエムとはまるでちがうものなんですが。その友人のお陰ですね、ワンステップ進めたのは。ありがたいです。やはりフィルムは一人じゃつくれないですね。スタッフやキャストといっしょにおもしろくしていくものだと実感しました。僕一人じゃ何もできません」

おたく以外の人々にはあたり前の最終回!?

―アニメおたくの間だけでなく、さまざまなところで議論を巻き起こしている最終2話。あの2話には、当たり前のことだが、庵野監督が意図する知られざる大きな意味があると言う。果たしてそれは? そして、完成が待たれる映画版では、(庵野監督を含めて)万人が納得する最終回となりうるのだろうか。

上野「僕は、あれ(最終2話)は裏切りではなく、一種のスタンダードな終わり方だと思っている。実際、あの結末は、実験映画を見ている人や美術を鑑賞している人たち、ふだんアニメを見ない人は、スッとわかるんですよ。だけど、ずっとアニメを見てきた人は、最後にあれが来ちゃうと、裏切られた感覚がするのかもしれない」

庵野「最近、ふだんアニメを見ない人たちと話す機会が増えたんですが、彼らは冷静におもしろかったと言ってます。25話などはとくに女性に評判がいいですね。でも、それは怒ると思うんですよ、大半のアニメファンの人たちは。怒る理由もわかります。ただ手抜きだという意見などには残念ですが、失笑してしまいますね。手を入れ過ぎたスタッフはいても、手を抜いた人は一人もいません。1話から見ていてそれを感じ取れない人たちには悲哀を感じます。こういうことをいうとまた怒られるんですが、その人たちには。そう『言われているだけマシなんだ』ということまで、こうして口に出さなきゃわからない。これはつらいですね、正直に。実はきれいに終わっているんですよ、テレビ版って。内的にも外的にも見事に収まるところに収まっています。今はもうひとつの別の収まり方に向かって、作業しているだけですね。あと、TV版のラストをあの形にした、一番コアというか、本音の部分は誰にも言ってないんですよ。別に今までの発言ウソだということじゃないです。他の監督さんもそうだと思います。普通、一番の理由は他人には言わないですよね、それは大事なモノですから。あと、万人が納得するような代物なんてないですよ。同じ人間は一人としていませんから。望むものは人の数ほどありますよ」

「エヴァ」に“答え”は与えられるのか?

上野「多くのファンは、映画版で一応の完結を期待しているわけだけど、僕は、初めから何か明確な回答が得られるとは思ってないし、(パソコン通信の)フォーラムなどで期待されているような何かが展開されるとも思ってないんです。ずばり、映画版では、使徒及びEVAをめぐる、あるいは“人類補完計画”をめぐるナゾに暫定的な答えを出すということはあり得るんですか?」

庵野「一応」

上野「あくまで“一応”ですか」

庵野「“一応”です。全部明かす必要はないんですよ。むしろそのほうがつまらないと思います。『エヴァ』はジグソーパズルのようなつくりになっています。バラバラのピースをお客に見せてるんですね。組み立ては受け手にまかせてあるんですよね。ただ完成写真がないので皆違う完成図を想像している。見当たらないパーツがあれば、それは自分の力で埋めてくださいとしているだけです。だからお客の想像の余地を残しています。ジグソーの組み立て作業も楽しいですが、でき上がりを想像する作業はより楽しいものだと思います。ただマニュアルがないと生きていけない人たちには、つらいかも知れないですね」

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/11 03:01 (Mon)
インタビュー&アーカイブス | Trackbacks0






DVD特典映像とか。

●公式ブログ:DVD特典映像とか。
http://eva.b-ch.com/blog/nerv/archives/80
テロップ入り本編は正直あまり期待できないかな…せっかく封印したものを掘り起こす様で。
とりあえず宇多田PVについて完全にスルーされてるのでガイナにメール送ってみます。
前も一度エヴァストアブログの商品化希望アンケートの方で送ったんだけども。

●日本の新たな文化・アニメーション~アニメの現状:大月俊倫講演
http://www.satprogram.net/12th/32.html
愛知のサタデープログラムにて講演が。

●REVOLTECH EXPRESS:良い連休を
http://bakaneko.way-nifty.com/revoltech/2008/02/post_987f.html
初回価格版の綾波の在庫が完全になくなってきたとか。
フロイライン リボルテック 001 綾波レイ (初回限定特別価格版)

●グレン団活動報告:こちらも紹介!
http://gainax.weblogs.jp/gurrenlagann/2008/02/post-1232.html
このパックは始めから主人公3体がセットで出るとわかってるので、通常より安いし買うのもアリかと。
パッケージは柴田由香さん。

●ガガガ文庫「天元突破グレンラガン」第三巻 2月19日発売!
http://www.gurren-lagann.net/news/main.html#080209
中島かずき本人が執筆、ジャケも錦織さん描きおろし。

●EVASTORE:「MFLOG/エムフロッグ」創刊号 (表紙 ヨーコ)
http://www.evastore.jp/index.cgi?rm=detail&id=1843
なぜか「特別寄稿:富野由悠季」の文字が。フィギュア論なら楽しそう。

●ロマンアルバム『電脳コイル』。3月3日発売。カバーは井上俊之描き下ろし!!
http://www.tokuma.co.jp/animage/new/col_news_new.html#080201
各資料集は勿論、磯光雄超ロングインタビュー、井上俊之による原画コレクションなどファン必携の本に。

●逢坂浩司展 京都でも開催 2月9日からマンガミュージアムで
http://animeanime.jp/news/archives/2008/02/29_4.html
関西出身という事で京都でも。メモリアル画集まだー?

●水木しげる先生からアニメ「墓場鬼太郎」への感想をいただきました。
http://www.toei-anim.co.jp/tv/hakaba/news/index.html#0208
先生ご満悦。墓場鬼太郎面白いもんなあ。

●オヌヌヌヌのフリーソフト教えれ
http://kanasoku.blog82.fc2.com/blog-entry-6831.html
ノージャンルなので上から下までまじまじと見てしまいました。今パソコン壊れそうなので導入するのも怖いけど。
もしこのサイトが2日以上更新されなかったら管理人のPCが壊れた、とお察しください。

●『不思議のダンジョン 風来のシレン3 ~からくり屋敷の眠り姫~』のネットワーク要素を大公開!
http://www.famitsu.com/game/coming/1213443_1407.html
Wii持ってないけどこのマゾゲーが出たら買ってしまうかもしれない…。ネット接続とか難しくないのかな?
不思議のダンジョン 風来のシレン3 ~からくり屋敷の眠り姫~ 特典 コッパリモコンスタンド付き

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/10 04:34 (Sun)
エヴァ | Trackbacks0






ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序全記録全集、アニメーション原画集紹介ページオープン!

●ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序全記録全集、アニメーション原画集紹介ページオープン!
庵野秀明監修/カラー責任編集!「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の公式決定本、登場。
http://www.gainax.co.jp/goods/eva1.0_gb/
スタジオカラー監修!ガイナックスのアニメーション原画集シリーズ第16弾!!
http://www.gainax.co.jp/goods/eva1.0_g/
全記録全集の画像は表紙ではありません、念のため。
原画集も沢山の原画サンプル見てたら欲しくなってきたなあ…お金が…。

●今こそ語ろう『天元突破グレンラガン』制作秘話!! 第19話 生き残るんだどんな手段を使っても
http://www.style.fm/as/13_special/mini_080208a.shtml
作画枚数が最低の回だとか。こういう省エネもテレビシリーズでは凄く大事。

●撮影虎之穴更新:第十六回:特別片「アイキャッチ」
http://www.gainax.co.jp/anime/gurren-lagann/tora.html
やっと「この位なら何とかできるかも…」という感じのものが。

●GAINAX SHOP:天元突破グレンラガン オリジナル・サウンドトラック
http://www2.gainax.co.jp/shop/index.cgi?rm=detail&id=1834
特典などのメリットが無ければ送料もかかるしAmazon等に完全に押されちゃいますね。
些細なオマケでもどうにかなって欲しいですが。

●GAINAX NET:トップ絵更新
http://www.gainax.co.jp/
初音ミクを作った人!


今月号のニュータイプから「E通信」がスタート。
10年前の同企画と傾向が同じなら、グッズや軽いインタビューなどを小出しにする「つなぎ」の役目でしょうか。
10年前の「E通信」もそのうち面白そうな記事をピックアップするつもりです。

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/09 01:15 (Sat)
エヴァ | Trackbacks0






惣流・アスカ・ラングレーのエヴァ声優パチンコ店訪問

●惣流・アスカ・ラングレーのエヴァ声優パチンコ店訪問
http://news.ameba.jp/domestic/2008/02/10869.html
明日に迫ってますので予定の方は日にちを間違えませぬように。

●西崎義展プロデューサー×庵野秀明氏の対談が実現!!
http://www.dot-anime.com/blog/yamato_blog/index.php?type=leaf&val=22
急に働き出してどうしたっていうんだ監督…!

●エヴァのサブタイ組み合わせて一番面白かった奴が神話になる
http://kanasoku.blog82.fc2.com/blog-entry-6797.html
「終わるアスカ闇の中で死に至る」が不覚にもツボに…。

●REVOLTECH EXPRESS:WF超先行グレンラガン続報
http://bakaneko.way-nifty.com/revoltech/2008/02/post_f615.html
チケット兼用ガイドブックは来週末ごろに前売り開始予定。

●ドリル銀河大戦:「新世界」編 スターター & ブースター 2008年4月24日(木)発売 !
http://www.konami.jp/products/gurren-lagann_card03_starter/
既発のカード群から実戦向きのカードを収録。
天元突破グレンラガン ドリル銀河大戦カードゲーム 新世界編 ブースター BOX

●フィギュア : 新商品が続々登場 !! ファン垂涎のこだわり造形を今すぐ確かめろ !!
http://www.konami.jp/gurren-lagann/figure/
フィギュアコレクションの出来がどれもなかなか。

●「福井裕佳梨」待望の1stフルアルバム! 「私が実る木の下で」
http://www.konami.jp/products/gfca68/index.html
「ドラゴノーツ」の楽曲も収録。
福井裕佳梨:私が実る木の下で

●GAINAX SHOP:桜坂美紀原型 バスターマシン7号 完成品(WAVE)
http://www2.gainax.co.jp/shop/index.cgi?rm=detail&id=1842
アップで見てもかわいさを保ってるのが凄い。

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/08 08:15 (Fri)
エヴァ | Trackbacks0






ヱヴァ、韓国でも起動 異例のヒットに

●ヱヴァ、韓国でも起動 異例のヒットに
http://www.varietyjapan.com/news/movie/u3eqp3000002neh9.html
動員5万人で早くも「時かけ」の記録に追いつく。

●公式ブログ:ぷちえう゛ぁ映像化続報
http://eva.b-ch.com/blog/nerv/archives/79
具体的な話はまだなし。

●『新世紀エヴァンゲリオン』#1と#25の対比
http://幻視球.net/2008/02/eva1-25.php
1話と25話は他にもシンジが「やっぱり来るんじゃなかった」と思うところも意図的な演出ですね。

●「アオイホノオ1巻」発売 80年代始め、マンガ家を目指す芸大生
http://www.akibablog.net/archives/2008/02/bule-fire-080206.html
巻末には庵野監督との豪華対談があり。ヤンサンの対談とは内容かぶらないのかな?

●グレン団活動報告:サンプルが届きました。
http://gainax.weblogs.jp/gurrenlagann/2008/02/post-e8ab.html
かなりいい出来なんじゃないでしょうか。

●「GURREN LAGANN ORIGINAL SOUND TRACK」本日発売!岩崎琢氏による楽曲解説もスタート!
http://www.gainax.co.jp/anime/gurren-lagann/news/0114.html
●岩崎琢のグレンラガンBGM解説
http://www.gurren-lagann.net/spe/main.html
毎週更新コンテンツで51曲やるつもり。

●文化庁メディア芸術祭【贈呈式】受賞者コメント(12)
http://media-arts.cocolog-nifty.com/festival2007/2008/02/15_aef8.html
今石監督から。

●ラジオ大阪:ラヂオ天元突破グレンラガン特設サイトオープン
http://obc1314.com/grren/
番組へのメッセージもフォームから気軽に。

●国立新美術館に最新コンテンツが集結――「文化庁メディア芸術祭」
http://plusd.itmedia.co.jp/d-style/articles/0802/06/news042.html
グレンラガンや電脳コイルの原画・資料が展示されてるとか。入場無料です。

●文化庁メディア芸術祭【贈呈式】受賞者コメント(13)
http://media-arts.cocolog-nifty.com/festival2007/2008/02/16_de5a.html
磯光雄監督からのコメント。

●磯光雄インタビュー 月刊アニメージュ07年3月号
http://evangeliwon.blog107.fc2.com/blog-entry-284.html
ちょうど一年前のインタビューになります。有効期限が切れそうな記事をアップするのがこのブログ。

●ikuniweb:パーティとか
http://www2.jrt.co.jp/cgi-bin3/ikuniweb/tomozo.cgi?no=358
うちのブログがトラコミュに参加してる4作品のうち3作の監督が集まるとか豪華すぎる…。

●デビュー10周年を記念したイベントが盛り沢山!榎本温子デビュー10周年記念キャンペーン続々開催!!
http://www.zakzak.co.jp/anime/news/0802/080203-u-enomoto.html
カレカノからもう10年!

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/07 01:42 (Thu)
エヴァ | Trackbacks0






磯光雄インタビュー 月刊アニメージュ07年3月号

(番組放送直前のインタビュー。イラストは磯監督のイメージボードが二枚掲載されている)

――『電脳コイル』の物語が生まれた敬意をお教えください。

磯 最初は私一人で、絵を中心とした企画書風の読み物を完成させました。6年前のことです。いろんな製作会社に持ち込んだのですがあまり評価されず、そのまま立ち消え同然になっていました。しかし、今回のプロデューサーである徳間書店の三ツ木早苗さんにお見せする機会があって、すぐに実現させようという流れができ上がり今に至りました。とても幸運な出会いだったと思います。

――本作の重要なアイテムとなる「メガネ」と、舞台の「大黒市」のアイデアについてお聞かせください。

磯 この作品の背景を一言で紹介すると、「お化けの見えるメガネが発売されている時代」です。しかしそのメガネの正体は“電脳メガネ”。ネットに接続し、現実の空間に重ね合わせるように画面や仮想のペットを表示するものです。これは実際にも研究されている技術ですが、この作中でそれが携帯電話並に普及していて、日常の風景にとけ込んでいるという設定です。しかし、子どもたちにとっては難しいことはどうでもよくて、それを使うことで今までこの世界に潜んでいた見えないお化けが見えるようになる。言ってみれば魔法のメガネとして、遊び道具として使いこなしています。半分現実、半分ネットの世界が出来たことで、街角に潜むコンピューターウイルスを子どもが偶然発見する、といったある種の不思議空間が出来上がっています。ウイルスに触るとメガネを壊されたりしますが、痛みは感じません。ペットも毛並みなどを感じる事は出来ません。目の前に見えているのに触れない、そんな距離感もやってみたいことの一つでした。
 大黒市は、そんな電脳メガネのインフラが国内で第2位の電脳都市です。と同時に有数の古都でもあります。大黒市という地名は、この作品でタイトルよりも前に思いついていた要素の一つです。実在しない地名ですが、名前が七福神の一人だけあって福々しい印象です。そのわりに、由来や“黒”という漢字にちょっと不吉な印象を隠し持っている点が気に入って街の名前にしました。そのあたりが、現実の中に潜むちょっとした怖さや日本の風土が持っているウエットな空気感に近くて魅力を感じるのかも知れません。

――ヤサコ、イサコ、ほか主要キャラクターについてはいかがでしょうか。

磯 ヤサコは普通の子どもですが、それは内面が単純ということとはちょっと違います。イサコは重い何かを背負っていますが、逆にシンプルに生きようとしています。しかしそれは他人と距離を置こうとする冷たい態度に映り、友達になろうとするヤサコと反発する結果になります。2人とも普段見えている面と、それとは違う瞬間的に見える側面を持っています。フミエ、ダイチといった脇役たちも単純でおバカそうに見えますが、年齢とは関係なく同じように違う側面がかいま見えたりする人物として描ければいいなと思います。

――本作ではスタッフやキャストの方々も豪華ですね。

磯 声優はいずれも主役級の方ばかりで、キャラクターに厚みをもたらしてくれています。作画については、すばらしいスタッフが集まってくれて、それに答える内容にするべくうれしい悲鳴を上げています。特に作画チーフの井上俊之さんには量質ともに大変な支えになっていただいてます。

――多くの役職を兼務する上で、現場でご苦労されている点などありますか?

磯 どの工程も本気でやらないと出来ないものばかりなので切り替えるのが大変です。特に、撮影と脚本は同じ脳味噌では出来ないことがわかってきて、切り替えにかなり時間がかかります。

――本作で伝えたいテーマは何でしょうか。

磯 人と人の間には必ず距離があり、手が届きそうな間近に見える物でも、その心にたどり着くには迷路のように細くて曲がりくねった長い道を歩いてゆかなくてはならない。行き止まりもたくさんある。それはまるで古い町の路地のようです。でもつながっていない道は絶対なくて、いつかきっと辿りつける、そんな気持ちを込めたつもりです。ただ、これは最後の方でたどり着く場所でもあり、元々テーマという言葉はあまり意識していません。おもしろおかしく気軽に、なんとなくだらけながら見てくれると一番うれしいです。

記事内関連グッズ
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)
庵野総監督独占ロングインタビュー! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 レビュー記事⇒



2008/02/07 01:22 (Thu)
インタビュー&アーカイブス | Trackbacks0






| main | next »