10年ぶりに映画化された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の最新情報を追いかけるニュースサイト。
エヴァに関わったスタッフの作品、動向などもかいつまんで行ってます。
完結編「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の公開日は2017年以降を予定。





一番くじヱヴァンゲリヲン新劇場版、商品画像追加!

とある流れから、劇場版マクロスFのフィルム掲示板を開設しました。好きな作品なので盛り上がってくれるといいですね。
そういえば今日マクロスの2回目を見に行ったんですが、静岡では既にフィルム配布が終わっててもらえませんでした…しょぼん。都会と田舎で入荷量が違うなんてヒドイ…!

●一番くじヱヴァンゲリヲン新劇場版、商品画像追加!
http://www.1kuji.com/eva3
ホビー誌では既に一部公開になってますが、主にC賞のマリとD賞のスペシャルクリエイティブモデルが初公開。
可動モデル、これは凄いですね。正直ココまで可動とフォルムの良さを両立できると思わなかった。そのまま売れるレベル。
ここは是非3体集めて、第8使徒戦を脳内再生したいところ…!

●『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が大晦日に再上映!
http://www.famitsu.com/magazine/otona/topics/1230865_1747.html
いよいよ明日です、最後の告知。

●妻・安野モヨコも参加!「ヱヴァ」スタッフによるカレンダー
http://natalie.mu/comic/news/show/id/25561
カレンダーについてちょっと気になるところがあるんですが、EVASTOREの商品ページでは18名の参加メンバー+「…他」になっていて、カラーの公式情報ではデジタル部を含めた19組で「参加クリエイター全てのイラストをご覧ください」って明記されてるんですよね。ムービーに載ってるのでイラストは全部って事でいいのかな?

●コミケ77:コスプレ広場は盛況 「けいおん!」「マクロスF」に「ヱヴァ」「忍たま」も人気
http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20091229mog00m200044000c.html
振り返ってみるとアニメ業界としては結構めでたいニュースが多かった一年だった気がする。

●エヴァンゲリヲン新劇場版 電力補完計画始動
http://animeanime.jp/release/archives/2009/12/post_492.html
昨日お伝えしたiphoneの充電モデル。USBポートから繋いで充電可。

●電脳コイル:「パルコシティ限定Tシャツ人気投票受付中!」
http://www.parco-city.com/mall/main/actionNameTxt/ctgry/shc/99par084/ctc/coil/cmdtyFlagTxt/sr
何コレかわいい。Nが欲しいよ。オヤジ好き。

●最高の尻!コトブキヤ「ストライクウィッチーズ リネット・ビショップ」のPVCサンプル
http://www.moeyo.com/2009/12/review_kotobukiya_strike-witches_lynette_1.html
年内サンプル間に合った!かなり特徴掴んでると思う。監督の嫁なので大事に扱って下さってるのか…。
ストライクウィッチーズ リネット・ビショップ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
・ストライクウィッチーズ リネット・ビショップ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

●『マジンガーZ』や『人造人間キカイダー』を手がけたアニメ・特撮音楽の巨匠・渡辺宙明氏 - 宙明サウンドの秘密に迫る!
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/12/29/watanabe/
渡辺御大のインタビュー…!

●メディコス 超像可動 空条承太郎セカンド レビュー
http://schizophonic9.com/joutarou2nd.html
承太郎の青色バージョンが発売。アイプリントが新しくなって更にカッコよく。黒バージョンの頭部もついて、前回購入者にも嬉しい初回特典。

●カジノに、スライム“カーリング”も!『ドラクエVI』ミニゲーム紹介
http://www.gpara.com/article/cms_show.php?c_id=17831&c_num=14
ドラクエ6にスライムカーリング?他にも新要素沢山あるといいな。

●わたしは真悟 カラー原稿再現完全版 1巻 12月26日発売
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091828655/
これね!私が長年ずーーっと待ち続けた、待望の一冊。楳図さんってホラーは勿論SFの世界もとんでもないお人で、今はマンガ活動を断筆しちゃってるんですがこの「わたしは真悟」は本当に神が降りてるとしか言い様がない傑作です。毎回がクライマックスと思えるスピーディーな展開、絵画のような扉絵シリーズ、機械に生まれる意識、少年少女が終わる瞬間。もうとにかく想像の遥か向こう側を行ってて、詳しくは本を読んでみて!としか言い様がないんですよねー。ネタバレしたくないし。
「少女革命ウテナ」とか「トップをねらえ2!」のメタファーが好きな人には特にオススメ。

記事内関連グッズ
~鷺巣詩郎完全監修~ヱヴァンゲリヲン新吹奏楽版 EVANGELION WIND SYMPHONY 12
[Blu-ray]新作カット入り・デジタルマスター仕様 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)

関連記事



2009/12/30 23:24 (Wed)
エヴァ | Trackbacks0






トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://evangeliwon.blog107.fc2.com/tb.php/1008-db4e8f89

| main |