10年ぶりに映画化された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の最新情報を追いかけるニュースサイト。
エヴァに関わったスタッフの作品、動向などもかいつまんで行ってます。
完結編「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の公開日は2017年以降を予定。





ヱヴァ2.22箱根ツアー、初日24時間の全つぶやき

行ってきました、箱根上映会。

s-IMG_4185.jpg

普通に現地のレポートをする事も考えたのですが少し思いとどまって、参加されたファン全員が主役になった方が絶対面白いよなあと方向転換をして、twitterで箱根ツアーのハッシュタグを設定しているエヴァンゲリオンファンのつぶやきの、丸一日分すべてをまとめてみました。
(「ハッシュタグ」とは簡単に説明すると、発言に特定のキーワードを打ち込むことで、ある話題の「流れ」へカテゴライズされるシステムです。この場合は「#hakoneeva」がそれに当たる)

これを時系列順に上から下へ眺めるだけで、見ず知らずの人同士に愛着が湧いてくるんじゃないでしょうか。当日参加されたファンは読みながらこの日を懐かしんだり、惜しくも参加を逃した方はリアルタイムな発言を読んでいくことでイベントを追体験できるんじゃないかと思います。幸い明日(今日)は日曜日なので、ダラダラーっとスクロールして読んでいただければ。もちろん読まなくても良いんですけど、皆さんが幸せそうなのを眺めていると気持ちが上向きになってくるんじゃないか、と勝手に期待してます。
以下が制作先のリンクです、これ全部で何postあるんだろう…?

●Togetter:ヱヴァ2.22箱根ツアー、初日24時間の全つぶやき
http://togetter.com/li/19623
沢山あるので、のんびり見てください。


ネタバレ情報を求めている人もいると思うので、そちらも簡単に。
Blu-ray・DVDの発売を心待ちにしているネタバレ厳禁な方は、ここから下は見ないほうが良いです。自己責任でおねがいしますー。


それでは大きな変更点から。
まず目立った追加シーンは2つ、小さいのが2つ。会話の内容などは見てからのお楽しみで。
1つ目は、日本へ到着した加持がシンジ達3バカトリオと初遭遇するパート。旧作ファンには嬉しいファクターの復活があります。作監は本田さんが担当かな?
次に2つ目、シンジ・レイ・アスカの3人がシンクロテストをしているパート。EVA-EXTRA06で明かされた「まいっちんぐ」はここで披露、でも結構さりげなく言うのでそんなに引っかかりません。作監はおそらく平松さんだと思うけど…クレジットは公開版のままだったから、どうなんだろう?短いパートですが、とにかく絵が良かったです。
小さいもの1つ目、3号機の空輸(上昇・下降)が追加。公開版だといつ使徒が取り憑いたのかわからなかったので、これはTV版準拠で良い変更かな。背景が美しかった。
もう1つは最新PVでも追加されていた、2号機のバク転シーン。あれは第10使徒の攻撃に吹っ飛ばされてビルに逆さの張り付けになった2号機へ、さらに追撃してきたところをかわす、という流れで追加。その後にまた飛んで着地するんで、公開版にあったシーンもちゃんと使われます。

そして追加カットよりある意味コアなファン向けの醍醐味と言える修正。これが数えられないくらい多いです、簡単に言うとエフェクト面のグレードアップが主、かな。序の映像特典「Rebuild of~」でも確認できましたが、何度もリテイクを重ねて効果が加えられていく、あれが破でも新たに追加されてると思っていただければ。なので、戦闘シーンで大きく目立ちますね。
面白かったのが、ザ・ビーストになってから第10使徒のATフィールドに飛びかかって、カメラの方向にバリンバリンと割っていくカット、あそこはフィールドが何重層にもなっているのでお互いが干渉しあって視界が屈折しているのが、かっこいい変更点でした。ビーストは劇場ではちょっとイマイチだったんですけど(個人的にはね)、今回は以前鑑賞した時より明らかに燃えてるのを自覚しましたよ。
作画も終盤はちょいちょい追加です、第10使徒を押さえつけたシンジが狂気の表情になっていたところ(序での予告でも使用されてたカット)、あそこと直後の活動限界に気付くカットは新たに本田さん作監で描き加えられてました。あとは本当に動画レベルで細かいところがちょぼちょぼと芝居が良くなってたり、表情自体が変わってたり。もう、凄くいいですよ。

それとこれはBD・DVDではどうなるかわかりませんが、「翼をください」のアレンジに手拍子が加わってましたね、「甘き死よ、来たれ」と同じ様に。以前のエントリー音楽が証明する「新劇場版ヱヴァ」のくり返す物語でも書いたように、3rdインパクトがくり返されている…というのがより分りやすくなってるんじゃないでしょうか。まあ、これは「ver.NOGUCHI」だからかもしれません(EOEの効果は野口透さん)。

そうそう、結局何が「NOGUCHI」だったのか?は最後まで明かされなかったんですよね、本日のツアー2日目が終われば公式サイドから発表があるかもしれませんが。今回のクレジットで野口透さんの名前を「効果」で確認しましたが、これは公開版でもありましたし。先ほど書いたように新作パートのクレジットもないようだし、ちょっとまだハッキリしません。

ネタバレはこの位でいいかな、というか書きすぎてしまったかな…!まあ見たい人だけ見れば、という前提だったのでいいか。
今回の上映で(イベントの感動的な面は置いておいて)凄くいいなと思ったのは、体育館で上映という、機材的に少し不安を呼ぶ企画だったんですが、音響が異常に良かった!!地元の映画館よりも良かったかも。これはドルビーが全面協力してくれたのか、庵野さんは音にこだわる人だからその点を汲んで下さったのかもしれないですね。

またこのような面白い企画が立ち上がれば、と期待してます。とりあえず今は、素晴らしい作品を完成してくれたスタッフにありがとう!!そして参加者の皆様、おつかれさまでしたー!

記事内関連グッズ
貞本義行最新画集 普及版「CARMINE」8/2リリース
Blu-ray・DVD同時発売!劇場生フィルム付き ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 2.22Blu-ray DVD

関連記事



2010/05/09 03:55 (Sun)
エヴァ | Trackbacks0






トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://evangeliwon.blog107.fc2.com/tb.php/1130-ea84cae2

| main |