10年ぶりに映画化された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の最新情報を追いかけるニュースサイト。
エヴァに関わったスタッフの作品、動向などもかいつまんで行ってます。
完結編「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の公開日は2017年以降を予定。





『僕の愛も、君の罰も、すべて分けあうんだ。』幾原邦彦最新作「輪るピングドラム」サイトオープン!

●「輪るピングドラム MAWARU-PENGUINDRUM」サイトオープン!
http://penguindrum.jp/
●イクニweb:発表します
http://www2.jrt.co.jp/cgi-bin3/ikuniweb/tomozo.cgi?no=540

本日、幾原監督の最新作がついに発表されました!
TVシリーズの監督を務めるのは「ウテナ」以来なので実に14年ぶり。中村明日美子さんとのタッグを組んでの「ノケモノと花嫁」にはTHE MANGAという表記が付いているので、新作はノケモノのアニメ化か?という思いをよそに新作アニメーションが発表されましたね。制作は、以前ツイッターでスタッフを募集していた「ブレインズ・ベース」と考えるのが適切でしょうか?

2000年代初の監督作…とはどういうことかと言うと、ひとまわり昔のウテナと一番「時代が変わった」のは、やはりセルアニメから完全デジタルへの移行。デジタルと言えば幾原監督がコンテ・演出を担当した「のだめカンタービレ(1stシリーズ)」のオープニング映像が思い出されますが、音楽から溢れるイマジネーションをCGで表現した素晴らしいビジュアルになっていました。その時の苦労が見えるブログでの裏話が大変おもしろいので、未読の方は是非覗いてみてください。
関連:イクニweb のだめカンタービレ その2 その3 その3

ちなみに「ピングドラム」のトップページは2種類あり、リロードをしていると『きっと何者にもなれないお前たちに告げる』というコピーも表示されます。(一応ネタバレ防止のためドラッグで表示です) ああ、突き放すこの感じは幾原さんだ! 1つのキャラ?で二面性を出すところも、らしいなと。秋ごろには放送が見られるでしょうか?セラムン中期やウテナなどの監督の過去作品でも見て、テンション上げておきたいですねえ。特にウテナは自分の中でアニメの最高傑作の1つなので見ていない方には本当にオススメしますよー、本格的にテイストが出てくるのは4・5話の連作かな。

と、久々の単発更新でした。楽しみ!

記事内関連グッズ
4/4 「貞本エヴァ」初の公式ガイド! 新世紀エヴァンゲリオン 公式ガイドブック
庵野秀明ロングインタビュー収録! この人に話を聞きたい 2001-2002
関連記事



2011/04/05 22:44 (Tue)
エヴァ | Trackbacks0






トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://evangeliwon.blog107.fc2.com/tb.php/1420-b61effcf

| main |